映画で大いに脳を刺激する。(1月20日 月曜日)

本のデータ入力は、殆ど終えた。
後は細かい部分の確認と写真の配置などである。
見る度に見落としに気付くので、我ながらこれで本当に大丈夫なのかと思えてくるのだ。
どこかでしっかりけりをつける必要がある。
急がなければならない。

午後は本の事を考えることを止め、妻と相談し映画を観に行った。
この映画は、新聞で紹介されているものが目に留まって、急遽、行くことになったのである。
監督がクリントイーストウッドで『リチャード・ジュエル』という、現実にあった事件を取り扱った深刻なテーマの映画である。
今のぼくが、そんな重苦しい映画を観て付いて行けるのか、自分でも不安だったのだが敢えて選んだ。
ぼくは学生時代に黒澤明の映画をよく観ていた。ハリウッドが黒澤明の映画を模して『荒野の用心棒』が創られたが、その主演となったクリントイーストウッドに僕は強い関心を持った。
数多くの映画に出演し、監督としてアカデミー賞も受賞する偉大な映画作家の作品は見逃せないのである。
この映画もぼくの不自由な頭を大いに刺激し、強い感動を残した。
8D9751A3-D0E7-421A-A377-FBE69EE76883.jpeg
1F37A8E3-186A-47D7-8168-5F56F84DECA3.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント