少しずつ学びながら・・・。(7月7日 火曜日)

今日は『退教協だより』の編集の仕事があり、9時には会館に着く様に行ったのだが、少し遅れてしまった。 それでも、一緒に作業する仲間が来るまでには時間の余裕があったので、会館の1室で待つことにした。 早目に来ていた書記さんが、コーヒーを淹れて呉れたので、そのコーヒーを味わいながら待った。 暫くして、ぼくと一緒に作業をする仲間が来たので…
コメント:0

続きを読むread more

昔の東京都知事選挙を思い出し。(7月6日 月曜日)

東京都知事選挙は、小池百合子の圧勝に終わった。 東京は、ぼくらの大学時代には、社会党と共産党を支持基盤とした革新知事として絶大な力を持っていた時代があった。 その時は、まだ18歳であったが、強い関心があった事を思い出す。 あの頃の一つの光景がまざまざと思い出される場面がある。 東京都知事選挙を巡って、都立大学の駅前で一組の親子(…
コメント:0

続きを読むread more

大雨の日の一日(7月5日 日曜日)

憂鬱な天気が続く。 天気が気になり、雨が降り出す前に、散歩に出た。 そういう事には大雑把な、ぼくもこの天気は無視できず、しっかり傘を持って出た。 途中、雨模様の空に雨がポツリと降って来た。 傘が役に立ったと思う間もなく、雨は止んでしまい、その後は傘を差す程では無かった。 お陰で、運良く大雨には見舞われず、無事、散歩が出来た。 …
コメント:0

続きを読むread more

県知事選挙のこと(7月4日 土曜日)

県知事選挙が始まっている。 ぼくは、若い頃から選挙に関わることが好きであった。 今回の選挙でも強い関心を持って、色んな情報を得ようとして来た。 最終的に立候補者は、7人になったのだが過去に前例の無い多さだった。 泡沫候補と思われる人物のいるのだが、応援の様子を見て、絞られてきている感じがしている。 まず、現職の知事、前知事の『…
コメント:0

続きを読むread more

本格的な台風シーズンを迎えて・・・。(7月3日 金曜日)

梅雨時とは言え、これだけの雨が降ると、気が滅入って来る。 これだけ雨が猛烈に降ると、警戒警報が出され、周辺が気になる。 我が家は、市内の高台にあるので、見晴らしは良いのだが、それだけ風当たりは強い。 こんな時、鹿児島市での歴史的な大水害をもたらした、8・6水害の事が否応なく思い出される。 その日、ぼくと子供2人は、夏休みで東京に…
コメント:0

続きを読むread more

同窓会の事など・・・。(7月2日 木曜日)

昨日の同級生との語らいは、久し振りだっただけに、とても嬉しかった。 長年、同窓会の会長をしてくれた仲間が、鹿児島に来ている事を知って、直ぐにも会いたかったのだが、コロナ事が気になって遅れてしまった。 連絡をしたら会える仲間もいるのだが、このご時世では、少人数で会うしかないのだと、諦めている。 それでも、昨日、会った仲間達は、近いう…
コメント:0

続きを読むread more

同窓生との楽しい語らい。(7月1日 水曜日)

珍しく忙しい一日だった。 朝のルーチンワークを終えた後、県教組に行き『退教協だより』の編集の打ち合わせをした。 責任者の仲間と簡単な打ち合わせをして、30分程度で終えた。 後に編集作業に時間が掛かるのだが、それはがぼくに残された仕事だった。 早速、その作業に掛ったのだが、脳の作用が上手く行かず、脳を休めることにした。 張り…
コメント:0

続きを読むread more

悲しい性分(6月30日 火曜日)

朝から降り続いた雨が、段々、激しくなって来た。 時折、雷も落ちてきて、とても散歩等の出来る気配もなかった。 何時も通りのルーチンワークも、散歩を抜いてするしかなかった。 この時期の季節とは言え、これだけ天気が雨模様ばかりだと、さすがにうんざりしてしまう。 かと言って、他にやる事のない人間には、時間を持て余すばかりで、何かやる…
コメント:0

続きを読むread more

雨が降り続いている中で・・・。(6月29日 月曜日)

雨が降り続いているのだが、散歩に行く時間には降っていなかったので、幸いだった。 起きた時間が4時40分だったので、歯磨きなどをして、5時に家を出た。 家を出て、何時もと少し違うコースを歩くことにした。 散歩の間も、雨が降らず助かった。 梅雨時なので雨が降るのは、当たり前の光景なのだが、流石に鬱陶しい。 ぼんやりして過ごさざ…
コメント:0

続きを読むread more

寿司屋での事(6月28日 日曜日)

午前中、同窓生と連絡を取ろうと考えて、動き出した。 同窓生の会長として長年、務めてくれた大切な仲間が、鹿児島に来ているので、会わなければと思っていたのだ。 7時の早い時間に電話をしたら、何時もの元気な声が聞こえてきた。 折角、鹿児島にいるので、時間を作って会う事になった。 会う日は、彼の都合に合わせて、7月1、2の何れかにした。…
コメント:0

続きを読むread more

我が身をなだめながら・・・。(6月26日 金曜日)

何だか気分が晴れない。 天気の理由にはしたくないのだが、確かに最近、雨が降る日が多い。 でも、それだけでは無いのだ思う。 自分に課している、ルーチンワークも怠っていないのだが、気分が優れない。 作業をしてみると、それらの事が上手く行かないので、ジレンマがある。 焦りの中で、自分を見失っている。 年だから仕方が無いと、思えばい…
コメント:0

続きを読むread more

『白土三平』の世界に触れて・・・。(6月25日 木曜日)

昨日から『白土三平伝 カムイ伝の真実』を読み、改めて白土三平の世界を知る事になった。 漫画で読んで、理解して来た事を遥かに超える、白土三平の世界があった。 白土三平は、千葉の房総半島に生活の拠点を置いているのだが、そこでの生活の様子が毛利甚八によって書かれている。 また、白土三平の交流関係の広さにも驚いた。 それも『月間漫画ガロ…
コメント:0

続きを読むread more

漫画の事など(6月24日 水曜日)

この年になって、読みたい本がまだまだ出てくる。 高次脳機能障害で自由に書く事は無理だが、読むことは出来る。 発症した後からも読むことは出来ると、自分で言っていたのだが、今考えると強がって話していたのだという事が分かる。 話しの中に苦手な数字以外でも、少し難しくなると、頭が混乱し、理解が出来なかったのだ。 今そういう事が、分るよう…
コメント:0

続きを読むread more

気になる知事選の動向(6月23日 火曜日)

午後から思い切って、教育会館に行った。 顔を出さなければと思いつつ、先延ばしにしてきた。 理由は、ぼくの中には色々あった。 まず第一に、コロナウイルスへの怖れだった。 外出が解除されたとはいえ、ぼくはともかく周りへの影響を考えたのである。 その次に考えたのは、会館に行っても、ぼくの考えた用件が、果たせるのかという難題があった。…
コメント:0

続きを読むread more

遅々として進まないぼくの脳(6月22日 月曜日)

網戸の入れ替えをしながら、つくづく自分の脳の進捗状況を考えた。 遅々として進まないぼくの脳を、嘆いた。 どうしても出来ない、読めるけれども書けない字、数字。 字を書くことはどうしても出来ない。 毎日、ドリルも利用し、同じテキストを繰り返し、4回目になっても、まだ出来ないのだ。 今書いたばかりの文字を、直ぐに目から離すと、その瞬…
コメント:0

続きを読むread more

引き続いた網戸張り。そして、新たな挑戦。(6月21日 日曜日)

今朝は、珍しく朝寝をした。 朝寝と言っても、6時には起きて、テレビ体操は出来たのである。 食事をして、8時過ぎに散歩に出たので、その後の行動は順調だった。   午後からは、前日に引き続き網戸の張替えをした。 今回は、ぼくも妻も手慣れてきて、結構上手く行った。 この調子で頑張れば、大丈夫だと思い、1枚目を張った後、休憩した。 …
コメント:0

続きを読むread more

網戸の張り替えと、本の事(6月20日 土曜日)

網戸の張り替えを妻と二人でやった。 二人でやったと言っても、妻が一人でやり始めたのを見かねて、ぼくもしなければと思っただけである。 網戸の材料は、かなり以前に買ってあったのだが、その作業を中断していた。 いよいよ夏が本格的になると、風通しを良くしておく必要があった。 我が家は、夏は涼しくなるという造りになっているので、開け放した…
コメント:0

続きを読むread more

知事選挙の事(6月19日 金曜日)

東京は、知事選挙が始まった様だ。 現職の小池百合子が優勢と言われると知事選挙なのだが、個人的には野党に頑張って欲しい。 週刊誌報道を見ても、小池百合子は胡散臭さが抜けない。 とは言っても、東京の話しなので、票を投ずることも出来ないし、結果を見守るだけである。 出来れば、反原発の立場から『宇都宮』が、当選して欲しいと願うばかりであ…
コメント:0

続きを読むread more

理事会の事を気にしつつ・・・。(6月18日 木曜日)

気分の良くない一日を過ごす事になった。 今日は、本来は岡山に行って、理事会に出席する日だった。 ぼくは、それをコロナウイルスを理由に欠席したのである。 色々と迷ったのだが、ぼくを除いた他の理事は出席しているだろうから、大丈夫であったと思う。 欠席しながら、理事会の事を気にしている事が、自分の道義心なのだろう。 例え、出席したと…
コメント:0

続きを読むread more

重い大きい石の移動(6月17日 水曜日)

一日に一つだけでもやりたいと考えている。 今日は、幸い雨も降らず、天気も良かった。 それで、妻と相談して、気になっていた大きな石を動かしてみる事にした。 その石は、玄関の側に添えてあったもので、この家を建てた時に、ぼくが良かれと思って置いたものであった。 ところが、この大きな石が、他の花に埋もれ、目だたくなり出したのだった。 …
コメント:0

続きを読むread more