アクセスカウンタ

奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!

プロフィール

ブログ名
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!
ブログ紹介
岡山に生活の拠点を移すことになった。
68歳になっての単身赴任生活はきついものがある。
ブログの記事も仕事に関わることはあまり書けそうもない。
それだけぼくの些細な日常を記録することに止まりそうである。
不本意な生き方になるだけにぼくの拠って立つ基盤を揺らがせないためには相当な覚悟が必要である。
人生の晩年に相応しくない生き方に遭遇したが、何とか切り抜けていきたい。
このブログも面白くないままで、いつまで続くか分からないが、後しばらくは書き続けていきたい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
苦手な医者に通う。(2月20日)
歯医者に行こうと思いながら、長い間、放置したままにしていた。  東京にいた時に職場に近い歯医者に通っていたのだが、治療の途中で止めてしまった。 なぜ途中で止めてしまったのか、理由は良く分からないのだが、忙しさにかまけて失念したのだろう。 今度も、何とか我慢してしばらく乗り切ってみようとも考えたのだが、痛みはなかなか治まらなかった。 それで、病院に通うことを決意した。 妻に頼んで、岡山駅の近くの歯医者を捜してもらい、予約を入れてもらった。 9時には病院が開き、治療も直に始まった。 受... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 19:58
沖縄の伝説の地を訪ねて(2月19日)
沖縄の伝説の地を訪ねて(2月19日) (沖縄の記録・・・2月13日) 今回の沖縄への旅行は、友人の結婚50周年のお祝いが目的だったので、特段の計画は立てていなかった。 そのため2日目の計画は、その日になって妻と話して決めることになった。 ぼくが考えたのは、那覇からそれ程遠くない場所で妻が喜んでくれそうなところである。 その場所は、10年前はほとんど観光客の訪れることのない、気持ちの安らげる所だった。 妻に運転を任せ、ぼくは道案内をするつもりであったのだが、車のナビがあり、その必要はなかった。 順調に目的地の斎場御嶽に向か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 08:45
奄美の資料を求めて。(2月17日)
奄美の資料を求めて。(2月17日) 沖縄学習の資料作りを、ぼくにできる範囲内で努力してみようと思った。 そのためにその内容を考えてみた。 もっと早い時に取り掛かるべきだったのだが、自信が無く先送りにしていたのである。 気にはなっていたのだが、忘れる病気であるために案の定、直前になって、やっとこの宿題を思い出した。 内容は、奄美日本復帰運動に関わる事にするつもりだった。 色々な資料を提示したかったのだが、今のぼくには限界があった。 自分の頼りない記憶をどこまで資料に出来るのか心配だったが、自分なりに計画を立ててみる事にし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 20:17
ぼくの妥当な判断(2月15日)
午後からは自分の任務をしっかり果たしたいと思っていた。 責任のある仕事なので、当然のことながら緊張感もあった。 ほぼ毎月開かれる会議なので、他の人にはそんな緊張感はなかったと思う。 ぼくにはこうした会議に出ること自体が、大きなストレスとなって表れるのだ。 そのつもりで心の準備もしてきたので、その効果もあり、会議も思ったより上手くいった。 結構、質問や意見を求められることもあり、少し慌てる場面もあったが、何とか処理できた。 報告事項にもそれなりに対応することが出来たので、胸をなでおろし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 19:30
この2,3日の報告(2月14日 )
珍しく忙しくて、そのためブログに触れる時間もなく動き回ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 18:52
休養が大事。(2月8日)
休みが必要だと思いながら、中々休めない。 ぼくの生来の性分なのだと、自覚しているのでどうにかしたい。 それで今朝は、起きた時に体全体に疲れが残っていたので、思い切って休暇を取る事にした。 休むことに決めて、のんびりしただけで気分が良くなり、外出もしてみたくなった。 その勢いで近くの国神社にも散歩し、ついでに買い物まで済ませた。 お陰で、午前中は色々と動き回り、充実した時間になった。 ぼくに必要なのは、適当な運動と休養であることを身をもって実感できた。 特に、運動が大事なので丁寧にし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 21:33
体調の回復を祈りながら(2月7日)
体調の回復を祈りながら(2月7日) 会議が終わるのが遅く、帰る時間も遅くなった。 体調に不安があったが何とか頑張ってみた。 最初は、軽い気持ちでやれると思っていたのが、時間が経つにつれ、体が疲れ始めた。 脳が疲れると途端に体に影響が表れる。 それだけに休息をまめにとるようにしているのだが、つい忘れてしまうのだ。 気がついたらぐったりして、身動き出来ない程になる事もある。 今回も同じ状態になった。 話し合いが続いた後で、立ち上がろうとしたら体がふらついてきた。 ほんの短い時間なのだが、その時間の異常な感覚は、自分の脳... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 21:29
暖かくなることを祈って(2月6日)
冷え込みは厳しいのだが、日はだんだん長くなってきたように感じる。 日が長くなることも嬉しいことなのだが、気分はさほど良くない。 それはあくまでも、ぼくの脳の状態によるものである。 日に日に少しずつ良くなっているとは思うのだが、文章を入力している時に、突然、自分の作業が分からなくなることがある。 それはいろんな場面で、時折出てくる。 特に文章の作成中、文字や数字の時に出てくる。 自分でもどうしてこんなことになるのか分からずに、ただぼんやりと時間を過ごすしかない。 場合によっては、すぐ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 20:17
春はまだ遠く。(2月5日)
残念なことではあるが、自分の弱さを認めるようになった。 その一つはなんといっても、この時期の寒さである。 氷点下の気温が連日記録される状況下にあって、さすがに観念した。 大抵のことは我慢しようと考える精神構造なので、できればその心意気を貫きたかった。 ところが、さすがに病に倒れたことに加え、今年の寒波には太刀打ちできなかった。 そこで、今までなかった防寒具が加わることになった。 生来からの貧乏性で、着る物などは最低限度のもので済ませたいと思うのだが、そういう我慢は無理なようだ。 み... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 21:56
久しぶりの散歩で気付いた。(2月4日)
よく考えてみると、年が明けて以降、あまり外出していないことに気が付いた。 近くの神社の階段を一回登った程度である。 最近、体が相当鈍っている。 何とかしなければと思い、散歩を兼ねて外出する事にした。 なるべく時間をかけて歩きたいと思った。 そのため家を出て、奉還町周辺を経由し、岡山駅と天満屋方面に向けて歩いた。 久しぶりの外出で少し気分が高揚してきた。 岡山に来て、天満屋に行ったのも初めてだった。 情けないことに、ぼくは、岡山のことはあまり知らないのだと改めて思った。 どんな店... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 19:53
儀式の席で学びつつ(2月3日)
儀式の席で学びつつ(2月3日) 立志式の儀式があるという事で、朝から緊張した。 中学2年生の立春の時に開かれるのだが、落ち着かない雰囲気を感じた。 こういう儀式がいつから始まったのか分からないのだが、子どもにとっては良い機会になった事だろうと思う。 ぼくはこんな通常とは違う儀式があると必要以上に慎重してしまう。 これも病気の作用だと諦めてはいるのだが、自分がもどかしい。 こんな緊張感を伴う仕事は、避けたいのだがそういう分けにもいかない。 儀式を終える度に自分の緊張感の度合を推し量りつつ、脳の具合も考える。 まだま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 19:36
温泉で激しく動揺した。(2月2日)
温泉で激しく動揺した。(2月2日) なかなか温泉に行く時間もとれなかった。 しかし、スケジュールに追われていたいた訳ではない。 時間がないほど忙しい訳でもないのだが、気持ちが不安定だったのである。  とにかく自分でもおかしいと分かるくらい体調が変だった。 なんとか休むことが必要だと思った。 休むだけでは駄目だと思い、休んだ時間を利用して、温泉に行くことにした。 久しぶりの温泉に入り、まだ気持ちの不安定さは残っていたが、気分はかなり改善した。 ところが、この後、ぼくにとって大きな出来事が発生した。 温泉から上がる頃に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 18:12
受け入れざるを得ない、ぼくの厳しい現実。(2月1日)
何故か通勤途中にいろんなことを思い出す。 車の運転がまだできないので、通勤は妻の手に委ねるしか方法がない。 その通勤の時には、決まって録音された音楽を聴くのが常である。 しかもながら最近は、ぼくのいつものこの行動が違った。 意識していたのではないが、気がついたらいつもの行動と違っていたのである。 その原因は、ぼくが読み上げなければならない原稿があり、そのことで頭がいっぱいだったからである。 脳の状態は少しずつ改善していると自分でも分かる。 良くなっていることが、分かってくればくるほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 21:00
また1ヶ月が過ぎ(1月31日)
また1ヶ月が過ぎ(1月31日) 1月が終わった。 自分に鞭打つように職場に顔を出すようにして来た。 ぼくなりに出来る仕事をしようと考えてみた。 ところが、悲しいことに、ぼくに出来る仕事はほとんどなかった。 机に座っているだけである。 ぼくの日常業務といえる仕事を片付け、パソコンに向かう。 自分の存在意義に大きな疑問を感じながら、また月が過ぎる。 不甲斐ないと思いながらもとにかく、今を乗り切りたい。 日に日に自分の頭の中のもやもやとしたものが晴れていくのを実感すればするほど苛立ちが募る。 こんな状態を早く抜け出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 21:35
恥ずかしい失敗(1月30日)
恥ずかしい失敗(1月30日) 二日続けて瀬戸内市に行く事になった。 今日は、ぼくと妻だけだったので、特に心許なかった。 それでも、冷え込みが厳しい中、さほど心配をすることもなく出かけた。 会議が終わり帰る時、高速道路を通らない道を選択したつもりだったが、間違えてしまい少し引き返す事になった。 最初につまらないミスをしたこともあり、気を引き締めるためにコンビニでコーヒーを飲む事にした。 そこでぼくは、とても恥ずかしい失敗をした。 ぼくはコンビニでコーヒーを頼んだ後、大事な財布を無くしたと勘違いし、妻を心配させた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 07:12
寒さの中で難しい問題を考えた。(1月29日)
冷たい寒波が押し寄せていた。 こんな寒さの中で、外に出かけるのは避けたかったが、そういう我が儘は考えられず、予定通りの行動を取った。 時間が経過し、この日の予定が進むにつれ、寒さが一層厳しくなってきた。 この日の会議は、邑久町で行われていたのだが、今日はどこも例外なく寒かった様だ。 この寒さに震えながらも、学習する内容は珍しく頭の中に入ってきたように思えたが、性同一性障害の問題は、今のぼくにはとても困難な課題であった。 しかし、考えなければいけない事として、絶えず頭に掛かっていたことで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 06:45
疲れと休養と・・・。(1月28日)
鹿児島に帰ったら暇を見つけて温泉に行きたいと思っていた。 できればスパルルドにしようと考えていた。 ところが前日の疲れがなかなか取れず、動き出すのにかなり時間を費やしてしまった。 気がついたら午後になってしまい、温泉に行くのは諦めた。 疲れがあったというより、前日の様々な出来事をぼくの頭の中で整理出来ず、混乱した状態が続いていた。 いろんなことを考え、自分のしなければならない事を考えあぐぬ、すっかり疲れた。 それでも多くの刺激を受け、頭もとても活性化したと思う。 ゆっくり休んで休養... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/29 21:44
奄美を語る会の事など(1月27日)
土日を利用して『奄美を語る会』に出席した。 本音を言えば、わざわざ新幹線を利用してまで鹿児島に帰らなけらばならないのかと自問自答する事もあった。 それでもしなければという思いだけで動いている。 キツイという思いで取りかかってみたが、意外と大きな収穫が得られた。 今回のテーマは、新民謡の今日に至る流れを紹介し、島育ちなどの歌を楽しむ会だった。 歌を交えた楽しい会になったのは、講師を引き受けてくれた元音楽教師で、ぼくの先輩でもある人お陰だ。 ぼくは、今回に関しては全て人任せにしていたので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 22:18
モタモタして何も出来ず。(1月26日)
鹿児島でする「奄美を語る会」の準備のため、1日早く行った。 少しでも早く着きたかった。何しろ寒いのである。 新幹線に乗るまでの寒さも厳しく、立っておれないほどだった。 さすがに新幹線に乗ると温度管理もされていて快適だった。 新幹線に乗っている時間を利用して、当面、必要な文章の作成をしてみようとした。 ところがあれこれ考えても雑念が入りすぎ、そのうち混乱してしまった。 目を閉じて寝ようとしても全く眠れなかった。 その上、新幹線の中ではアイホンもアイパットも電波が途切れ、ほとんど使う気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 09:34
雪の舞い散る日に。 (1月24日)
寒い日が続くと思って、嘆いていたら遂に雪が降り出した。 ある程度の雪には耐えられる自信があったのだが、今のぼくにはとても無理だった。 まだ粉雪の状態でも、ぼくは手が悴んで身動きができなくなってきていた。 年を取ったことを自覚している以上に、ぼく自身の体調もかなり悪かった。 精神的にも不安定である。 しなければならないことがあって、そのプレッシャーに身動きが取れない。 諦めずに一つずつでも解決していきたいのだが…。 粉雪が本格的な雪にならないことを願いつつ、雪の舞い散る空を見上げた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 09:31

続きを見る

トップへ

月別リンク

http://picasaweb.google.com/home
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる