アクセスカウンタ

奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!

プロフィール

ブログ名
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!
ブログ紹介
岡山に生活の拠点を移すことになった。
68歳になっての単身赴任生活はきついものがある。
ブログの記事も仕事に関わることはあまり書けそうもない。
それだけぼくの些細な日常を記録することに止まりそうである。
不本意な生き方になるだけにぼくの拠って立つ基盤を揺らがせないためには相当な覚悟が必要である。
人生の晩年に相応しくない生き方に遭遇したが、何とか切り抜けていきたい。
このブログも面白くないままで、いつまで続くか分からないが、後しばらくは書き続けていきたい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
初めてメダカを飼い気持ちが和んだ。(6月21日)
初めてメダカを飼い気持ちが和んだ。(6月21日) 我が家には相応しくない大きな甕がある。妻の実家に置いてあったもので、多分、義母が使っていたものだろう。 義母が亡くなってからは、何故かぼくの家の中で鎮座している。 この結構大き甕は、多分、妻が引き取ったのだろう。 妻の実家には置く場所がいくらでもあり、置く事に困る事はないのだがと思いながらも静観していた。 できれば、目的に適した使い方を考えてみたいとも思ってみた。 ところが今のぼくの頭では容易にそんな事を考えつく事はできなかった。 そんな時、家にぶらりと立ち寄った義理妹に、さり気なく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/22 19:47
新たな病院に。(6月20日)
新たな病院に。(6月20日) 岡山で脳溢血で倒れてから、済生会病院、倉敷リハビリセンター病院、川崎医科大学を経て、鹿児島での療養生活に入ている。 鹿児島では、高血圧の薬を処方してもらうためには自宅近くの病院に通っている。 この病院での診察には満足しているのだが、脳の回復には鹿児島大学附属病院で紹介された高田病院のリハビリに通う事になった。 この病院にたどり着くのにも、情けない事だが、今のぼくには妻の助力がないと無理だった。 それだけに新たな 病院には、不安があった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/21 20:56
どうにもならない今の現実(6月19日)
朝から激しい雨が降っている。最近では珍しいほどの雨の降りようである。 さすがにこれだけ雨が降れば、朝の散歩も諦めざる得なかった。 散歩を止めたので、テレビ体操が始まるまでの時間は何もせずただのんびりと過ごした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 21:15
脳を活性化したい。(6月18日)
最近の降灰の量は酷い。朝起きた時に降灰に見舞われるとさすがにうんざりする。これからの季節は、この灰との戦いが続く。 そんな憂鬱な日々を覚悟しなければならないのだと、自分に言い聞かせた。 今日は朝早々からそんなことを考えてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 20:01
反省の日々の中で(6月17日)
反省の日々の中で(6月17日) 鹿児島県教組時代、心から信頼を寄せていた友人の娘さんが訪ねてきた。 この友人とは数え切れない程の多くの出来事があり、その中でも二人の飲み方は際立っていた。 飲み会では、ほかのメンバーが帰っても二人は飲み続け、倦きることなく飲み、語り続けた。 彼とは、同じ学校事務職員として活動してきた仲間同志であり、志しも似ていた。 年齢はぼくの方が4歳位上なのだが、お互い年齢を意識することはなかった。 彼は、次第に県教組の調査部長として頭角を顕し、教職員組合の極めて重要な任務を任されてきた。 ぼくは... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/18 16:55
テレビ映画を久し振りに気合を入れて観た。(6月16日)
退院後、出来るだけリハビリのつもりでいろんなものに触れるようにしている。 ドラマも疲れないように、長編ものは避けるか、分けて観るようにしてきた。 ところが、たまたま録画リストの中に、ハリソン・フォード主演の映画があり、なんとなくその内容が気になり観る事にした。 あらすじに目を通すと、アメリカメジャーリーガーにおける黒人差別を描いた重たい内容だった。 2時間も持つかどうか不安だったが、内容に惹かれて挑戦する事にした。 映画は、紹介された通りの重たいもので、見所のある感慨深いものだった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 12:52
ぼくの些末な日常(6月15日)
ぼくの些末な日常(6月15日) 今日は、目が覚めたのが遅かった。 そのため朝のルーチンワークに狂いが生じた。 体操の前にするはずだった散歩を割愛せざるを得なかった。 テレビ体操の後から散歩しても、全く問題はなく時間もあった。 しかしながら、遅れた事を理由に散歩をサボったのである。 そんな日常の些末な事に気を取られながら、日々の先送りしがちないろんな事が積み重なっていく気が抜けないのである。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/17 07:48
面倒な自分の性格(6月14日)
毎日、自分に課していることは確実にこなして行きたいと思っていた。 そうすることが、ぼくのリハビリ中のルーチンワークである。 それが出来ないと先に進めないという強迫観念がある。 我ながら、そんな面倒臭い性格の中にある。 これは決して元からこういう性格であった訳ではなく、どうもこの病気のせいであるように思える。 元はかなりいい加減で大雑把だったと思うのだが、この病気になってからは、毎日使うものがキチンと並んでいなかったりすると不快な気分になるのである。 全くどうでもいいことなのだが、この... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/15 22:59
驚いた治療。『Oリングテスト』(6月12日)
足の痺れが改善しないので、一度は行ってみたいと思っていた病院に行くことにした。 ほぼ予定された時間に診察は始まった。 ぼくはこれまでに無く以外と落ち着いていた。 妻が、ぼくの足の痺れや、脳溢血で倒れた後の状態を話してくれた。 この医師は、足の痺れに直接触れるのではなく、体が歪んでますねと言い、体にそうっと触れるような素振りを見せた。 そして、手や足に軽く触れたり、時には竹串の様なもので鋭く刺したりし、何をされているのか理解出来なかったが、どうもそれは整体をしているようだった。 そんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 16:17
脳卒中の市民講座に出席して。(6月10日)
脳卒中の市民講座に出席して。(6月10日) 脳卒中市民講座というものに出かけた。 過去は、自分がこんな病気に関わる講座に出席するとは想像すらしなかった。 一月位前の新聞広告で見かけて、妻に話したところ直ぐに申し込むことになり、手続きをしてもらった。 何よりも入場無料の上に、時間を持て余している人間にとっては、魅力的で暇つぶしにもなると考えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 17:28
組合の仲間の現状を憂えて。(6月9日)
今日は何もない日だと思い、ロフトでグウタラと過ごすと決め込んでいた。 そこに組合員時代の友人が、突然、訪ねて来た。 ぼくが病気療養中だという事で、訪ねて来たのだと思った。 病気療養中である事は確かなのだが、脳のおかしさ以外は特段の問題は無かった。 見舞いで来ていただく人たちに、申し訳ないと思うばかりである。 しかしながら組合員時代の友人に会うことは、何に代えても楽しい事だった。 友人の話を聴きながら、鹿児島県教育界の現状の予想以上の厳しさに慄然とした。 手の施しようのない状況をただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 21:58
鹿児島大学附属病院を受診し・・・。(6月8日)
鹿児島大学附属病院を受診し・・・。(6月8日) 鹿児島に帰り、直ぐにでも鹿児島大学の附属病院で診察を受け、今後の事について教示して欲しいと思っていた。 ところが病院大学のリハビリ科の体制が整っていないため、中々日程が決まらず、5月になってやっと連絡が取れ、診察日が決まった。 それが今日であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 15:47
採血の結果が出て・・・。(6月7日)
採血の結果が出る日であった。 朝から何気ない雰囲気を装いながらも、その結果が出ることを気にしていた。 妻の力を頼りに、ぼくはそれなりにできるだけの努力をしてきたつもりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 22:09
ロフトの新しい活用ができる・・・。(6月6日)
月一回の定期検診の日だったので、朝食抜きで病院に行った。 この病院は、いつ行っても患者が多く待たされるので、何時もより早めに行く事にした。 おかげで待ち時間が少なく、受付が始まると一番目に診察室に入ることができた。 今日は血液検査もあったが、この苦手の血液検査も早めに済み、全ての診察がスムーズに行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 11:52
妻や娘の力を借りて同窓会の作業を。(6月5日)
妻や娘の力を借りて同窓会の作業を。(6月5日) 前日の疲れがかなり残っていた。 朝の音読の調子も悪く、計算も止めることにした。 脳の動きが悪くなると計算などは、全く出来なくなるのだ。 身体の方も疲れているようだったので、休養することにした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/06 18:25
道具を使えない悲哀を感じる。(6月4日)
気持ちがそれほど改る訳ではない誕生日の一日が過ぎ、また、歳を重ねて行く。 人生は、その繰り返しなのだろう。 若い頃は、そんな当たり前の人生の繰り返しに疑問を持ちながらも、ただ漫然として努力を怠っていた自分がいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 20:41
復活を夢見て・・・。(6月3日)
復活を夢見て・・・。(6月3日) 日付の感覚が薄れてきてなかなか改善しない。 毎朝、今日は何曜日かということを復唱して確認することにしている。 今だにそんな恥ずかしながらの生活である。 それだけに毎日の予定だけは理解しているし、この日が自分の誕生日であることも分かっていた。 今日は、71回目の誕生日であった。 ぼくの父は59歳で人生を終えているし、それを考えると長く生きた方なのかなと思うのだが・・・。 しかし、今日の平均余命からは、まだ生きていても良さそうなものである。 とは言うもののぼくの現状は、高次脳機能障害で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/04 22:45
桜島の降灰がに悩まされ・・・。(6月2日)
旅行から戻ってみたら、鹿児島の降灰が凄かった。 朝早くから、気になっていたので、なんとかしなければと思った。 体調は何故かとても悪く、降灰を処理する元気はなかった。 暫く放置して、気分が快復するのを待った。 ところが、病気のせいだと思うのだが、降灰の処理が気になって仕方がない。 そこで起き出して、掃除を始めた。 降灰の量が半端では無かった。 ウンザリしながらもなんとかしなければと思い、頑張ってみた。 30分位の作業しか出来なかったのだが、ある程度出来た。 決して、満足出来るもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 11:01
長い移動で考えた事(5月31日)
長い移動距離だった。 大阪で全教互時代にお世話になった仲間に会い、嘗てのこの団体の抱える多くの課題について語り合った。 雰囲気だけで感じられるものではないが、事態は深刻だと思った。 ぼくは常に自分の一定の任務を終えたら、後進に道を譲ると覚悟を決めていた。 それが団体の活性化に必要な事だと信じてきた。 そして、自分自身はその様に行動して来たつもりだった。 しかし、物事は上手く行かないものだと改めて思う事だった。 ぼくの不徳の致すところだと思うばかりである。 我ながら軽率な判断をした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 21:52
久し振りの明治神宮(6月1日)
久し振りの明治神宮(6月1日) 東京の友人とも会い、今回のぼくの用事は取り敢えず終わった。 他に何をしたら良いのか考えていなかった。 宿泊場所のホテル法華では、チェクアウト時間ギリギリまでのんびりとした。 ぼくも妻も、今回の旅行は移動距離が長く、かなり疲れたのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/02 21:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

http://picasaweb.google.com/home
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる