アクセスカウンタ

奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!

プロフィール

ブログ名
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!
ブログ紹介
岡山に生活の拠点を移すことになった。
68歳になっての単身赴任生活はきついものがある。
ブログの記事も仕事に関わることはあまり書けそうもない。
それだけぼくの些細な日常を記録することに止まりそうである。
不本意な生き方になるだけにぼくの拠って立つ基盤を揺らがせないためには相当な覚悟が必要である。
人生の晩年に相応しくない生き方に遭遇したが、何とか切り抜けていきたい。
このブログも面白くないままで、いつまで続くか分からないが、後しばらくは書き続けていきたい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
脳の蘇ることを信じて・・・。(11月20日)
脳の蘇ることを信じて・・・。(11月20日) すっかり忘れていたことがあり、とても慌てた。 朝、いつもの行動は支障なくできていた。 ところが昼過ぎになって、午後の何時頃に出かけられますかと声をかけられ、一瞬戸惑ってしまった。 何のことか全く飲み込めず、改めて一週間前に書いてもらっていた行事予定を示され、得心した。 今日は大事な会議が予定されていたのだった。 しかし、声をかけたもらった時間が早かったので、その会議には充分に間に合った。 お陰で事なきを得たのでほっとした。 こんなことを繰り返さないように、自分の時間管理をしっかりし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 19:34
充実した映画鑑賞(11月19日)
ぼくは自分のリハビリと称して、できるだけいろんなものを観て見ようと心掛けている。 今日は妻と二人で映画を観にいくことにした。 タイミングよく妻と意見が合ったので「ラストレシピ」という今話題の映画を観ることにした。 内容は、戦時中の元天皇の料理番のレシピ作りを中心にした物語で重たいテーマだった。 時代背景も戦前戦後の話題が交錯し、複雑な人間模様が描かれていた。 映画を観る前から、ぼくの頭がついていけるかどうか自分の事ながら不安があった。 ところが観ていたら結構その内容に引きずり込まれて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 19:27
もどかしい短期記憶(11月18日)
もどかしい短期記憶(11月18日) 土曜日は1週間の疲れを取るために可能な限り休養を取ることにしている。 今日ものんびりと時間を過ごした。 今後のことを考えて、頭の中でやらなけばならないことを整理してみようと思ったのだが、考えている間に頭が飽和状態になり、整理することができなかった。 このままではいけないと気持ちの中では焦るのだが、最近は思いついたことをすぐに忘れてしまうことが益々増えたきて、やる気をなくしてしまうのである。 ぼくは物事を一時的に記憶する能力が欠落しているらしく、特に数字などは頭に入れてもすぐに消えてしまう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 19:25
ゲルストマン症候群(11月16日)
ぼくは取りつかれたように高次脳機能障害という言葉にこだわっている。 高次脳機能障害とは、文字通り脳の高い機能の障害のことである。 入院中のリハビリで、手足の機能だけはかなり回復してきたが、未だに書くことや簡単な計算をすることなどの機能についてはまだ回復に至っていない。 川崎医科大学病院では、ゲルストマン症候群という病名を聞かされとても落ち込んだ。 ゲルストマン症候群とは、書けない、計算ができない、左右の判別や手指の判別ができない症状をいうらしい。 入院中の病院では聞かされていないなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 18:42
東京の書生時代を思い出しながら(11月15日)
ぼくには感謝してもしきれない程、お世話になった人物がいる。 その中で最も大事にしなければならない人に今日会うことにした。 本来なら、いつも通りリハビリを兼ねて職場に行く予定だったが、急遽この予定を変えてでも会わなければならない人である。 この人はぼくと同じ奄美出身で、ぼくが学生時代東京ににいた頃、大変お世話になっ人である。 彼とは東久邇家での書生としての先輩後輩の関係にあり、4年前に約50年ぶりに再会してからは毎年会っていた。 彼は、ぼくが倒れたことを心配して、わざわざ東京から日帰りで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 20:29
珍しく頭がすっきりと(11月14日)
今日は珍しく朝から頭がすっきりしていた。 朝の会議で難しい話がいくつかあったが、その話の内容がすんなり理解できた。 自分でも信じられなかったので話された内容を確認してみると合っていた。 このことで少し自信を持ち、自分の行動の幅を広げてみようと思った。 体も意外と軽いように思えて積極的に話もしてみた。 少し込み入ったことも頭に入ってきたのだが、調子に乗ったのか昼過ぎあたりになると体が疲れてきたのが自分でもよく分かり、夕方になると更に疲労感に襲われた。 もう少し自重する必要があると反省す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 20:21
圧倒された食事会(11月13日)
台風の襲来で先延ばしになっていた昼食会に顔を出した。 病気療養中の身でこうした会に出かけることに抵抗があったが、前から約束していたことでもあり、意を決して出かけることにした。 前から愉しみにしていたことではあったが、女性の中にぼく一人加わることに少し気が引けていた。 そんな風に愚図愚図している間に時間が来て、妻と二人で会場に入って行った。 会場に入るなり、お揃いのジャンパー姿で出迎えていただいた。また、テーブルにはメガホンなどのグッズが並べてあり、その異様な雰囲気に圧倒さてしまった。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/14 20:05
20年振りに卓球会場で感じた事(11月12日)
今日は岡山マラソンがあるということで、テレビでも大きく宣伝されていたが、ぼくは敢えて総社市で開催された卓球大会に行くことにした。 この大会は小学生から社会人まで参加できる大会で、ぼくは社会人の部で参加する選手の応援のために会場に行った。 ぼくは過去に中学校の卓球部の顧問をしていたとき、何度も選手の引率をしたことがあったが、今日、約20年振り位に卓球大会の会場に行ってみると、ピン球が白い球になっていたことや大きさが若干大きくなっていることに驚いた。 またゲームも21点マッチから11点マッチに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 19:49
戸惑ったこと(11月11日)
今日は必ず顔を出さなければならないことがあり、この事を優先することにした。 それはぼくに関係のある人の家族の葬儀だった。 そのつもりで心の準備をし、妻に運転をお願いして出かけた。 車に乗っている間も上手くできるのかなあという不安が頭をもたげてきた。 式が始まり、気持ちがすっかり落ち着いて、このまま行くとすんなりいくのでは・・・と秘かに思っていた。 ところが焼香の順番が回って来て並んだ時、突然、いつもは極自然にできるはずの焼香の段取りが分からなくなってしまった。 これは一瞬の事ではあっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 21:25
川崎医科大学での診察を受ける(11月10日)
川崎医科大学での診察を受ける(11月10日) 退院前に予約してもらった川崎医科大学のリハビリテーション科に行ってきた。 いざ着いてみると徐々に不安が募ってきたが、職員の対応が丁寧で少しずつ安心感が広がってきた。 病院はとても広く、中庭には水車を設えた池もあり眺めがよかった。 受付ではぼくの名前の「隆」について、よく「生」の上に一本線が入った方もおられますが、どちらでしょうかと尋ねられた。 今まで、このようなことを聞かれたことはなかったので、患者の名前をより正確に記入しようとしてくれたことに驚いてしまった。 その後の医師の診察でも、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 18:52
心優しい昔の組合の仲間たち(11月8日)
心優しい昔の組合の仲間たち(11月8日) 疲れていたのでもうそろそろ寝ようかと思って歯磨きを始めた時、突然、携帯電話が鳴った。 電話はぼくのアドレスに登録されていない相手からだった。 首をかしげながら出るとぼくの奄美時代の昔の懐かしい友人だった。 小学校の職を定年退職した後、教育長に異例の出世をした人物である。 彼は、現役時代は鹿児島県教組の組合専従をしたという輝かしい経歴もあるのだが、その経歴に関わらず多くの仲間が祝福したのだった。 そんな彼は教育長を引退した後は悠々自適の生活を送っているのだろうと、ぼくは思っていた。 と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 09:20
三ヶ月待ちの病院(11月7日)
今後の予定がいくつかある。 その中でぼくが最も優先しなけばならないのは、川崎医科大学の受診である。 この病院の受診を申し込んでから約3ヶ月以上も待たされてしまった。 この病院はそれだけ評判が高いらしい。 ぼく自身、全く予期しなかった脳溢血の病で倒れ、この病の怖さを知った。 その後遺症で苦しむ(?)患者を3ヶ月も待たすのかという恨みがましい気持ちがあったのだが……。 その一方で、あれだけの出血だったにも拘らず、ここまで回復できたのだから感謝すべきだという妻や家族の言葉を背にしっかり受け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/08 19:55
満たされない思い。(11月6日)
満たされない思い。(11月6日) 朝夕、めっきり寒くなってきている。 今日も職場に行く時間、かなり冷え込んでいて寒さで思わず身震いするほどだった。 しかし、その寒さのせいか職場に近づくにつれ、朝もやが立ち込め御津の山々は桃源郷のような美しさだった。 朝もやの切れ目からは、紅葉した木々に朝の光が射して込み更に美しい光景だった。 素晴らしい環境に身を置くことができて幸せなはずなのだが、職場でのぼくの気持ちはいつも何かに追われているようで落ち着かない。 何かに追われているといっても、それほどのしなければならないことがあるわけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 19:26
久しぶりの演奏会(11月5日)
久しぶりの演奏会(11月5日) 午後から岡山シンフォニーホールで、市民合唱団の定期演奏会が開かれた。 この日の入場券を入手していたこともあり、娘にも同行してもらって鑑賞することにした。 かなり早く行ったつもりだっのだが、会場にはすでに多くの人が並んでいた。 ぼくにとっては、久しぶりのこんな立派なコンサートホールでの音楽鑑賞だったので、とても楽しみにしていた。 定刻の三時丁度に開演し、幕が上がったときなぜかほっとした。 ぼくはもともと緊張感には人一位倍弱い方なのだが、この病になって以来、さらにこの傾向が強くなってきた気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/06 22:08
津山にて。(11月4日)
津山にて。(11月4日) 折角の休日となったので、津山の鶴山公園に行くことにした。 津山にはこれまでも2回行ったことがある。 2回とも仕事で行ったのだが、鶴山公園は遠くから見ただけで中に入ったことはなかった。 今回は良い機会なので、じっくり見て回りたいと思っていた。 津山に着いた頃は昼近くになっており、少し雲が出始めて怪しい天気になってきた。 お陰で晴れたり曇ったりする不機嫌な空模様だった。 でも鶴山公園の城郭の周りを散策している時は綺麗に晴れ上がっていた。 こんな調子で天気は思った程には悪くならず、気分良... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/05 09:54
気になっていた店のこと【編集済】(11月3日)
気になっていた店のこと【編集済】(11月3日) 今日は昼に娘が来てくれたので、一緒に昼食に行くことにした。 この店は通勤途中にあり、名前が「baby face」という店だった。 てっきり子どもを対象にした店だと思っており、つい最近まで行ったことはなかった。 最近になって妻とこの店の近くを散歩した時に、ランチの看板を見てレストランだと分かった。 この店に入ってみると、様々なインテリアがあり、また子どもたちが興味を持ちそうなものも多くあった。 昼食のメニューにはスパゲティやピザなどがあったがぼくは聞き慣れない「ロコモコ」という料理を頼ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 09:45
無念。(11月2日)
無念。(11月2日) 今、継続してやっているのは、日記を書くことである。 日記を書くといっても日記で書く文を書き取ってもらって、それをぼくが書き写し、更にそれをブログに入力するのである。 これをほぼ毎日できるようにしているのだが、時々頭が飽和状態になって、考えるのが面倒になることがある。 できればこの作業を音声入力でやりたいと思うのだがなかな展望が見えない。 実に無念だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 11:19
早くも11月。(11月1日)
早くも11月。(11月1日) 遂に11月になった。 ぼくは11月になったら一つの区切りとして、リハビリをもう一歩めて職場に1日いることを決めていた。 そのつもりで昼食も準備して行った。 職場に着いてみると徐々に不安が押し寄せてきて、少しずつ体の様子もおかしくなってきた。 自分ではしっかりしているつもりなのなのだが、どうも心の体のバランスがとれていないように思えた。 それでもいろんなことに少しずつ対応させていき、どうにか持ちこたえることができた。 ところが、さすがに一日を終えた頃にはぐったりしてしまい、夕食が終わる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 09:31
倉敷にて…緊張したこと、嬉しかったこと(10月31日)
今日は2つの大きな為すべきことがあった。 1つは、ぼくの仕事として、倉敷の学校での会議に出席することだった。 これは、6人の委員が集まり、与えられた課題について協議するものである。 ぼくにとっては、とても大きな課題で、そのことを考えただけで不安で一杯になったのだが、何とかしなければと自分に言い聞かせてこの会に臨んだ。 ぼくの病気の状況について、ほとんど理解されていないだろうと思っているぼくには、それだけでも大きな不安材料であった。 会議が進行していくうちに、それぞれの与えられた課題につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 22:09
奄美を語る会のことに苦労する(10月29日)
今日中にどうしてもやっておきたいことがあった。 それは「奄美を語る会」の名簿整理である。 今年の3月にぼくが病で倒れ入院したため、その作業が中断していた。 入院中、何度もそのことが気になりながら、ぼくにはどうすることもできなかった。 日が経つにつれ名簿整理だけでなく、今後この会をどうするのかも含めて思い課題としてのしかかってきた。 最近になって、ぼくの病状に少しずつ回復の兆しがみられるようになってきたこともあり、会の運営のことで連絡が来るようになってきた。 そこで慌てて「奄美を語る会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 21:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

http://picasaweb.google.com/home
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる