アクセスカウンタ

奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!

プロフィール

ブログ名
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!
ブログ紹介
岡山に生活の拠点を移すことになった。
68歳になっての単身赴任生活はきついものがある。
ブログの記事も仕事に関わることはあまり書けそうもない。
それだけぼくの些細な日常を記録することに止まりそうである。
不本意な生き方になるだけにぼくの拠って立つ基盤を揺らがせないためには相当な覚悟が必要である。
人生の晩年に相応しくない生き方に遭遇したが、何とか切り抜けていきたい。
このブログも面白くないままで、いつまで続くか分からないが、後しばらくは書き続けていきたい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
上手くいかない。(9月19日)
パソコンで音響の設定をしようとしたが上手くいかなかった。 多分入力端子の設定が上手くいかなかったからだとは思うのだが、どうして音が出ないのか分からないままだった。 機器をいろいろ設定し直したのだが、どうしても上手くいかず仕方がないので諦めてしまった。 この設定以外にも上手くいかない事があり、かなりイライラしてしまった。 今まで簡単にできていた事が、かなり手に負えなくなってきている。 これらの作業の一つ一つが今の自分にとっては困難を伴うものになっている。 もう少し上手くいくはずだと思う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 13:09
ネットで本の注文に挑戦(9月18日)
急に思い立ってネットでブックオフから本を取り寄せてみようとした。 とは言うものの、この病で入院することになって以来、ネットで本を注文することかもなど思いつきもしなかった。 確かにパソコンに向かってみると最初はどうするのか見当もつかなかった。 気持ちを落ち着けてゆっくり考えてみるとブックオフのサイトにたどり着くことができ、そこまできたらブックオフで注文する方法が分かってきた。 購入したかった本を数冊選び発注することができた。 ここまでできるとは自分でも思っていなかったが、想像以上の成果だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 19:35
奉還町辺りを散策(9月17日)
台風が接近していることをニュースで知った。 でも岡山への影響はまだ大きくないことが分かっていたので、久しぶりに妻と二人で岡山駅まで散策することにした。 奉還町辺りまで歩いたのだが日曜日のせいかかなり人通りが少なかった。 奉還町を通り抜け岡山駅の書店に行った。 書店では妻が脳に関する本を買い、ぼくは網野善彦の文庫本を購入した。でも網野善彦の文庫本は今のぼくには読み通すことはできないのだが…。 書店に行ったついでに地下街で食事をして帰った。 食事と散歩を含めて約2時半の外出だったがかなり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 10:37
ホッとした。(9月16日)
妻が戻って来て、とりあえずホッとした。 留守中の日記については、音声入力したものを文章化してもらい記すことにした。 これでひとまず妻の留守中のことについては記録することができてホッとした。 午後から久しぶりに「ゆずき温泉」に行きゆっくりできた。 ところが今まで以上にお湯が温くて物足りなかった。 できればもう少し熱い方が良かったような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 06:21
台所に立ってみた。(9月15日)
台所に立って見ようとした。 立ってはみたものの何からすればいいのか戸惑うことが多すぎた。 一つ一つの動作を考えなければ次の行動に移っていくことができないのだ。 自然にできるだろうと思っていた行動の一つ一つがゆっくり考えないとできないようだ。 頭の中ではこうした行動について、もう少しできるはずだと思っていたにも拘らず、いざとなると体が動かない、次どうすればいいのか分からない。 もどかしくて、もどかしくて仕方がないのだがこれが今のぼくの現実なのだろうか。 本当に自分自身が情けないと思うこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 19:53
コンビニで戸惑い(9月14日)
朝の散歩をすることにした。 散歩に行って途中でコンビニに寄り、サンドイッチを買い、それを朝食にするつもりであった。 散歩の途中までは上手くいったが、いざコンビニで物を購入しようとすると緊張してしまいお金の勘定が上手くいかなかったのである。 何とか気を取り直して、ちょっと戸惑いながらもサンドイッチを購入することができた。 しかし、あまりの緊張でお金の受け渡しが少しぎこちない動作になってしまった。 こんな何気ない行動ができないということにショックを受けしまった。 この影響のためかその他の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 10:32
妻が不在中の家事に勤しむ(9月13日)
妻が娘の看病で急遽鹿児島に帰ることになった。 そのため妻が不在中の家事をぼくがすることになった。 やっていける自信はとてもなかった。 しかし、やらざるを得ないと思い、決心した。 家事をするという事が本当に色々と障害が多く困難であることに改めて気付いた。 それでも覚悟を決めてやらなければいけないことはしっかりやっていこうと思い直した。 食事は妻が作り置きしたものを温めて何とか済ませる事ができた。 娘の病気のことも気になりながら、とにかく一日乗りきることを考えた。 家の中で悶々として... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 18:19
気の乗らない一日(9月11日)
気の乗らない一日のスタートだった。 その理由はかなり体が疲れていたからだと思う。 しかし、ぼくには今日どうしても整理しておきたい課題があった。その一つは西口に行き、入院中にお世話になった人たちにお礼の挨拶をすることだった。 会いに行くと仕事の都合で会えない人もいた。 それでも何とか挨拶ができて目的を果たすことができた。 もう一つは社労士の事務所に行き、病気療養のため永い間ご心配をおかけしたことを詫びることだった。 気の重い一日だったがどうにか乗りきれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 14:10
入院中の日記 その10
2017 7月31日 今日は朝から体調が良くなかった。 昨日の疲れが残っていたこともあり、また、朝早々にかかってきた電話のことも気になった。 特に、朝の友人からの電話では、昨日の疲れもあり、とんちんかんな受け応えをしてしまった。 おかげで友人からかかってきた電話は妻からの指摘で訂正する羽目になった。 そんなこともあり、釈然としない一日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 12:34
書字能力のということ
ぼくは、今、文字が書けない状態にある。 文字が書けないというのは、文字を書こうとしても文字の形をイメージしてもどうしても文字にすることができないということである。 最初はそのうち書けるようになるだろうと思っていたが、そういう簡単なことではなく、文字を書く能力が欠如しているということが解った。 自分ではまさかそんなことが…。 と思っていたが現実に文字が書けないということに気付き愕然とした。 確かに書こうとすることが、イメージとしてはできても書くことができないのである。 こういうとを「書字... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/12 17:42
2日続けての学校 (9月9日)
文化祭があり、2日続けて学校に行った。 多くの保護者も出席するだろうと予測していたが意外と出席者が少なく残念だった。 しかし、文化祭の出し物では特に劇が内容も大変良くとても感動した。 厳しい環境の中で生徒や保護者、教職員それぞれが取り組くんでいることに感銘した。 生徒や保護者とも声を交わすことができて少し安心することができた。 自分なりに今の境地から何とか抜け出したいと思うことだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 12:06
厳しい中で・・・(9月8日)
今日の最大の課題は、何よりもまず学校に行くことであった。 朝8時半に家を出て学校に向かった。 文化祭の様子を見ていると、いろんなことが思い出された。 ぼくの頭の中に整理できない程多くの課題が迫ってくる感じがした。 これらのことは自分のできる範囲で、しっかり考えて何とか道筋をつけていきたいと思う。 今の状態ではなかなか厳しいのではあるが…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 17:50
入院中の日記 その9
2017年 7月29日 夕方から同級生の○○○○さんと会った。 彼は、わざわざ東京から会いに来てくれたのである。 彼自身も病気を抱えながらぼくのことを気遣っている。 とても申し訳ない気持ちで一杯だ。 彼の気持ちに応えるためにも何とか早く回復したいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 18:45
鹿児島を去る
8月8日に鹿児島に帰ってから丁度一月が過ぎた。 鹿児島での療養生活を終えて、再び岡山に戻って来た。 岡山に向かう新幹線の中で今後のことをいろいろ考え、不安が募ってきた。 そんなもやもやとした不安を振り払うように自分ができることを考えてみようとした。 考えれば際限がないので途中で考えるのを止めてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 10:33
入院中の日記 その8
2017月 7月28日 最近、気になっていることがあり、そのことを妻に話してみた。 それはほぼ毎日訪れる年配の男性のことである。 毎日、早朝、病院に来、職員や患者と話している方である。 いろいろと事情を聞いて、ようやく患者の家族であることが分かった。 それを聞いていろんな事情を抱えていることを知り、自分なりに考えさせられた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/08 21:36
最後のクリニック(9月6日)
清泉クリニックでは、呼吸法を取り入れた体操を毎回指導してくださるトレーナーがいる。 今日は大きな鏡の前でぼくの姿勢を確認しながらいろいろと指導してくれた。 その後はPTによる体の調整もあり、心地良い時間を過ごした。 このPTによる指導は、今日で一段落することになる。 感謝! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 18:43
皆与志にて(9月5日)
久しぶりに皆与志町の親戚の家を訪ねた。 皆与志は有名な川路大警視が生まれた場所でぼくは物珍しさもあり、時々訪ねていた。 今回は東京から帰って来た姪っ子も一緒で、賑やかな会話が繰り広げられた。 ところがぼくは、この病気のせいもあり、その会話の肝心な部分は理解できないでいた。 ぼくは自分のこの頭のせいだと思ってすっかりあきらめていたのだが、どうも会話についていけなっかのは、ぼく一人だけではなかったようだ。 鹿児島の独特な方言には義妹もついていけなかったようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/08 08:11
実習生にPTを受けて(9月4日)
小雨が降る中、いつもの散歩をした。 少々肌寒く、急に秋の気配を感じた。 今日は清泉クリニックに行く日だった。 このクリニックにも少しずつ馴染んできて、ぼくの心の緊張もだいぶほぐれてきた。 担当のPTや実習生との会話も楽しくなってきつつある。 今日は実習生の要請もあり、様々 な計測に応えることになった。 ぼくは実験台になっている気もしたがそれなに充実感があった。 また、PTに体の調整を丁寧にしてもらい気分が良くなり体が軽くなったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/06 16:10
桜島のイベントで感じたこと(9月3日)
「錦江湾や 桜島の魅力を感じる2日間」ということで錦江湾潮風フェスタが開かれた。 このイベントのバンドステージに娘が出演した。 娘のこうした音楽活動を実際に目にしたのは、初めてだった。 どんなステージになるのかとても不安を感じたがリハーサル風景を見て結構落ち 着いた様子に胸をなでおろした。 おかげで本番のステージは安心して聴くことができた。 なかなか楽しいステージだったのだが観客が少し少なく残念だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/05 19:24
入院中の日記 その7
7月26日(水) 2日続けて贅沢な果物を食べた。 昨日は北海道夕張のメロン。 今日は岡山の清水白桃である。いずれも今まであまり味わったことのないようなフルーツだった。 入院中のぼくにこうした厚意を寄せていただいている皆さんに心からの感謝を持ちながら味わうことだった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/04 19:32

続きを見る

トップへ

月別リンク

http://picasaweb.google.com/home
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる