テーマ:日常のこと

無駄にした時間を惜しみ・・・。(9月18日 水曜日))

ぼくは自分が病でこんな状態になって、『段取り』という言葉を我がごととして聞く羽目になった。 脳をやられた人間にとっては、段取りをしっかり考えて、行動しないと駄目だという事が、最近、改めて良く分かるようになってきた。 それだけに出かけるときにはしっかり確認するようにしているのだが、今日はそれをすっかり忘れてしまっていた。 用事のあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思案投げ首で頑張る。(9月16日 月曜日)

PDFにした後の作業に戸惑っている。 半分程度は、やっとの思いで出来たものの、残りの分がどうしてもできない。 流石にこの方法では無理だと判断し、諦めることにして、出来る方法はないか模索してみることにした。 とは言っても、今のぼくの脳で出来ることは限定されているので、途方に暮れてしまった。 文字通りの思案投げ首の状態で、打つ手はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

往生際の悪いぼくの仕事(9月12日 木曜日)

取り掛かっているぼくの作業が、暗礁に乗り上げた感じがする。 今日は、PDFにしたデータを読めるようにする作業をしてみようとした。 やってみると想像した以上に困難な事であった。 文字化けするのは、ある程度はやむを得ないと覚悟していたのだが、段組みで編集された部分は、今のぼくには手の施しようがなかった。 2時間近く悪戦苦闘して、結局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人に頼りながら・・・。(9月10日 火曜日)

今のぼくにはまだまだできない事が多くあって、出来ないことは人に頼らざる得ない。 我ながら情けないと思うのだが、それも仕方ない事だった。 人に頼る様な難しいことをしなければ、ことは穏便に行くのだが、取り掛かっている作業がそれを許さない。 自分で出来ない色んな作業を県教組の書記局に出掛け、平身低頭して頼んでくる有様である。 そうやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PDFの処理に悪戦苦闘!(9月9日 月曜日)

朝のルーチンワークを終えてから、食事を済ませ、早速、出かける準備をした。 今日は県教組に行き、お願いしたいことがあった。 それは、金曜日に書記さんにお願いしていたPDFにしてもらったデータの処理ができず、改めて相談に来たのだった。 何時もの教育会館に行き、書記局の中を見渡すと、担当の書記さんは不在だった。 恐る恐る、不在の理由を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書道をし、車庫の整理をし・・・。(9月5日 木曜日)

毎日、自分なりに出来ることを探してやろうとはしているのだが、どうしても怠惰な気分に流される。 今日は気分を変えて、最近、遠ざかっている習字をしてみようと考えて、机に向かった。 墨を磨り、紙を整えて正座して、書いてみた。 墨の匂いをに包まれて、自然と緊張感が高まり、その中で書き出した。 久し振りの書道だったので、中々上手く書けなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多くのことをやってみたいと考え。(8月30日 金曜日)

頭の中に整理のつかない課題がいくつもあり、朦朧とした意識の中で佇んでいる。 何とかしようと考え、出来ることをピックアップしてみた。 ①ルーチンワークとしての朝の行動《散歩・テレビ体操・音読(テキスト・新聞のコラム)》 ②書字の訓練としての文字の書き取り ③習字の練習 ④組合事務局への訪問と情報収集 ➄脳の訓練としてのカラオケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りの外出(8月29日 木曜日)

3週間振りに街に出た。 今のぼくにとって『街』に出るということは、鹿児島市内の『天文館』隈に行くことを意味していた。 月に一度くらいはリハビリを兼ねて出かけてみたいのだが、猫の引っ搔き傷ですっかりその意欲を失くしていた。 漸く、その状態から回復したので、出かけることにしたのである。 出かける事にはしたのだが、いざ出かけてみると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉で気分爽快の一日(8月23日 金曜日)

予定を立てて、行動することが必要だろうと考え、一応、大まかに計画を立ててみた。 その予定に従って、行動しようとしたのだが、大きく狂ってしまった。 午前中の計画も全く上手くいかず、午後にする予定だった車庫に詰め込んだ書類の整理も後回しにした。 最も優先順位が高い仕事だったのだが、かなり困難そうだったので、今回は避けることにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビの修理、車庫の片付等々。(8月21日 水曜日)

BBIQの担当者が、修理が必要なのかを含めて検討してくれる事になった。これで一安心だったのだが、そんなことを考えることにも頭と神経を使うのだろうか、それだけで疲れてしまった。今日は、朝の散歩とルーチンワークだけはしたのだが、他のことは全く手が付かなかった。せめてテレビでも視たらいいのだが、そのテレビの調子が悪いので手を触れるのが憚れた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ受像機の不調に振り回され(8月20日 火曜日)

朝、何時も通りに動き始めた。 そんな時、突然、一瞬、テレビが消えた。ブレーカーが落ちたのかと思ったらそうではなかった。 ところが、その後からテレビの調子がおかしくなった。 ぼくの家はビビックで受信しているのだが、特定の放送局しか受信できなくなった。 受診できるのは、NHKとKKBの2社だけで、BSは全く受信できなくなった。 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スランプ・・・?(8月19日)

いつもの歯医者通いが始まった。 取り立てて他にすることのない者には、適当な暇潰しということにでもなるということだろうか。 今日はその歯医者が何時もは結構時間が掛かるのだが、今回は10分が程度で終わった。 こんなに早いのは初めてだったのだが、早く終わり過ぎて時間を持て余した。 しなければいけない事やすべきことは沢山あるのだが、全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥ずかしい話しだ。(8月18日 日曜日)

おかしな天気ではあったが、敢えて散歩に出た。 まだ、朝の5時を少し過ぎただけだったので、テレビ体操の時間まではかなり余裕があった。 そのため、一通り、ルーチンワークを終えた後、近くのコンビニに寄り、気になっていた『週刊文春』を買い求めた。 ぼくは、週刊誌は以前からよく読んでいて、記事によって買うようにしていた。 その中でも出版社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

机の回りの環境を少し変えてみた。(8月17日 土曜日)

猫から引っ搔かれた騒動も一区切りつけることにした。 今回の女性医師は、どういう思惑があるのか測りかねたのだが、まだ治療を続けるつもりだった様だ。 ぼくは、個人的にはこれで充分だと判断したので、病院に行くのを止めたのである。 しかし、病院通いを止めたら、当面のすべきことがなくなり、途方に暮れた。 色々と思案して、気分転換に息子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身の不調に耐えて(8月11日 日曜日)

ぼくが、3月末まで勤務していた学校の同窓会の10周年記念式典が開催された。 この式典の案内は早々と知らされていたのだが、出席することをとても躊躇していた。 躊躇する理由はたくさんあった。 ①体は元気なのだが、紛れもなく自宅療養中であること。 ②勤務年は3年なのだが、1年経った直後に脳出血で倒れ、生徒や職員に大きな迷惑をかけたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷にて(8月10日 土曜日)

今日、新幹線で鹿児島を出発して岡山に着いた。 その後、電車で倉敷に向かった。今回は時間を都合して、倉敷に行ってみたかった。 それは、ぼくが倉敷リハビリテーションに入院していたという縁もあるが、それ以上にもう一度訪ねてみたい場所でもあった。 妻と娘たちも既に訪れたことがあり、ぼくも当然、訪れているのだが、この病のため多くの事の記憶が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人的な仕事を依頼して。(8月8日 木曜日)

妻の運転する車で、県教組の支部にお願いしたいことがあり出かけた。 最近は、書記さんが不在で要件が果たせないことが続いていたので心配だった。 着いてみると、人がいる雰囲気がしたので安心した。 この部屋では退女協の人が黙々と作業をしていた。 そんな時に個人的な仕事を依頼するのは、気が引けたのだが、折角、会館まで出てきたのでお願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい一日。(8月3日 土曜日)

朝から頭がすっきりしない感じがしていた。 何となく妻の実家の墓参りに行き、ぼんやりしながら墓の掃除を頑張っている妻と義妹の姿を見ていた。 綺麗になった墓の前で手を合わせたものの、茫洋とした感覚は抜けなかった。 ただ墓から見下ろす青空の光景だけが、ぼくの頭とは裏腹に美しかった。 その後、話がどんな風にまとまったのかよく理解でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酵素の事と、ぼくの行動について(8月2日 金曜日)

沖縄の友人が送ってくれた酵素を飲み始めている。 友人の勧めではあったが、妻もこの酵素の類には以前から関心があったようである。 送ってくれた酵素の量はかなりの量で、2リットルのペットボトルが8本もあった。 配送の人も驚くほどのものであったので、一瞬、たじろいでしまった程である。 妻と二人で友人の指示に従いから、その重たいボトルを台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親戚への感謝。(2019月7月26日 金曜日)

動き回った一日だった。 朝の散歩は前日の疲れがあって出来なかったのだが、それ以外のルーチンは上手くいった。 テレビ体操、音読、その後の憂鬱な歯医者もスムーズに出来、午前中の予定は順調に行った。 午後からは、妻の叔父の二人が別々に訪ねてきた。 ぼくは、年上の叔父が来た時には、昼寝の最中で対応できなかったが、下の叔父の時には家でのん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『活きてる会、元気会』に出席(7月20日)

鹿児島県教職員組合の事務職員部の『活きてる会 元気会』という名称の会が、午後2時から開かれた。 場所は公立学校共済組合の宿泊施設である『ウエルビュー鹿児島』であった。 事務職員部の馴染みの仲間と会えるという嬉しい気持ちはあったが、反面には多くの人と会って対応できるのかという恐れが、根強くあった。 この会は、ぼくのこれまで、長年、経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくの友人の苦悩を聴く。(7月19日)

朝食を済ませた後、昨日の同級生にお礼をするつもりで、電話を掛けた。 簡単に済むはずだったのだが、話しは色々と発展し、止めどもない方向に進んでしまった。 しかもぼくにはどのように判断すればいいのか、全く解決の道を探れない困難な問題だった。 人にはそれぞれに沢山の悩みや苦悩を抱えているのだと、改めて痛感した。 ぼくもこの友人の力にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校の頃の友人と会い(7月18日)

ぼくが以前から親しくしている女性の友人から、久し振りに電話があった。 最近は、特に、ぼくがこの病にかかってからは、少し疎遠になっていた友人からである。 それは、今、珍しい人が鹿児島に来て、ぼくに会いたいという内容だった。 その名前を言われても、直ぐには思い出せない人だった。 暫く話しを聞いて、やっと思い出した。 思い出したら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨による水害の広がる事を憂えつつ。(7月3日)

大変な一日だった。 朝から大雨警報が出て、ぼくの住む鹿児島市の地区も避難地域となっていた。 テレビの報道でも頻りに避難を促す呼びかけが出されていた。 それでも自分の今いる場所は、河川地区から離れていたので、大丈夫だと考え、動かなかった。 ぼくの周辺の人たちも同様だったと思う。 こんな時、滅多に鳴らないぼくの携帯電話が鳴った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雨警報の中で・・・。(7月2日)

朝から強い雨が、降り続いている。 大雨警報が出る程の激しい雨で、この雨を見ていると26年前の8・6大水害を思い出してしまう。 あの時は、ぼくは夏季休暇を取って、子ども2人を連れて、東京へ旅行中だった。 旅行から帰ってみると、市内の道路が水害で溢れ出た汚水で猛烈な腐臭が漂っていたことを思い出した。 あの時の光景を思い出しながら、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風雨の中、散歩をしようとして・・・。(7月1日)

7月に入った。 雨が降り続いいる事と、疲れが中々取れない事もあって、朝の散歩を止めた。 ぼくよりも年配の近所にお住いの人は、朝の散歩を欠かさない。 少々の雨くらいでは散歩は止めない様だ。 何度か小雨の中を、傘をさして散歩に行く姿を見かけたことがあり、秘かに敬服していた。 その散歩コースは、何時も決まっているように思われた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい宴席の中で・・・。(6月29日)

ぼくの教職員組合時代の仲間が、我が家に遊びに来てくれた。 厳密には組合とそれにかかわる団体の仲間と言う表現が正しいのだろうか。 妻を含めた8人の宴だった。 ぼくはこの日に備えて、何時もより丁寧に家の片付、掃除に心掛けた。 普段から気を付けて、こうした事はやっているのだが、眼につかないゴミ・埃まで注意深く見ていった。 ぼくのこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りにのラーメン屋(6月27日)

今日は妻が帰って来る時間に合わせて、娘と一緒に鹿児島中央駅で待ち合わせをする事になった。 そして、久し振りにラーメンを食べる事にした。 若い頃は、夜の飲食があった後は決まって、ラーメンを食べたものだったが、60過ぎからは自分で食べたいとは思わなくなった。 食の変化を感じたのもあるが、それ以上に自分の中のエネルギーの欠如を痛感し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あくまき』を完成させた。(6月15日)

今日は、朝から妻の実家で義妹も入って、『あくまき』作りをした。 こういう場面でもぼくの出来ることは、ほとんど無いのだが付いて行く事にした。 手際よく段取りをし、せっせせっせと作業を進める傍らで、ぼくは妻の指示で火おこしをした。 今のぼくには苦手な作業かなと思って取り掛かったのだが、意外とスムーズに出来た。 そのことで気を良くして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくの誕生日、奄美の『鶏飯』で祝う(6月3日)

今日は6月3日、ぼくの誕生日である。 高次脳機能障害を自覚している身には、思うに任せない自分の脳が恨めしい。 身体は丈夫になってきているのだが、脳からの指示系統が上手く噛み合っていかない気がして、耐えられないのである。 毎日やっている文字を書く訓練も、ある程度の成果が出ていることは分かるのだが、自分では納得できない。 特に、文字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more