アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「奄美のこと」のブログ記事

みんなの「奄美のこと」ブログ

タイトル 日 時
奄美を語る会のこと
奄美を語る会を無事に終えて、ホッとした。 今回はいつもより人の集まりも多く、成功だったと言えるのだろう。 毎回、人が集まるかどうかの心配をしながらの会の運営である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 21:34
第128回奄美を語る会〜中村瑞希さんを迎えて
昨年の暮れから計画していた会である。 新年を迎えて早々にしたかったのだが、ぼくの職場の行事や中村瑞希さんのスケジュールが合わず、やっとこの日に開催することができた。 ところがこの日は3週間前に、突然、予定外の学校行事が入り込み、躊躇したのだが、止むを得ずこちらを優先した。 この会は、今のところどうしてもぼくがいないと運営に無理がある。 世話人は4人いるのだが、ぼくを除いた3人は昨年からお願いしたばかりの人たちである。 ぼくも何十年もかけて人を知り、奄美のことを知ることができて、ようやく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 09:08
奄美の香りと味
ブラタモリで奄美が紹介された直後に奄美に行くチャンスがあり、奇しくもブラタモリと同じ場所を訪ねることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 21:38
愉快で頼もしい小学校時代の仲間たち
愉快で頼もしい小学校時代の仲間たち 2泊3日の島の旅で、奄美小学校時代の級友たちと濃厚な時を過ごした。 あの時代には口を聞くこともなかった仲間ともずいぶん話した。 特に女生徒とは隔たりが大きく、親しくすることはありえなかった。 57年ものの時を経て、ようやく言葉を交わす楽しさを多く感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 20:31
奄美にて〜タモリのブラタモリの後を訪ねて
奄美に行ったついでに3月4日に放映されたブラタモリの後を訪ねてみようと思った。 そもそもあの番組で放映された場所のいくつかはぼくが勤めていた学校の校区にあった。 ぼくの知っている人も出てきて驚いた。 知り尽くした場所ではあったが東京から来た友人に紹介したいとも思ったのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 20:25
奄美にて〜恩師が、また入院!
今回の奄美行きの目的は、小学校時代の担任の先生を囲む会とぼくらの古希を祝うためだった。 ぼくらの古希の祝いといっても、皆まだ若く元気なのでむしろ恩師の先生と会うことが目的だった。 奄美小学校6年4組の担任は、名間チエ先生で担任をしている時に結婚されて、「宮古」という姓になった。 結婚された相手の先生は市内の他の小学校の6年生の担任だったので、そのクラスの教え子もメンバーに入っていた。 また、小学校3年・4年の時の教え子たちも集まることになっていた。 昨年の12月から準備を始めて、現地の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 19:38
ブラタモリ、奄美編を視る。
今日(3月4日)から3週続けて奄美が取り上げられることはずいぶん前から情報を得ていた。 その情報は、ネットのSNSから寄せられたものだったのだが、SNSの情報を共有しない人やらネット情報から遠い人たちにも知らせようと思っていたのだが、いつの間にか失念していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 21:36
奄美に行きましたよという話を聞いて。
奄美に行きましたよという話を聞いて。 今日(1月30日)は会議があり、気が乗らなかったが、行かなければという義務感のようなものがくすぶっていたので、グズグズ言いながらも出かけた。 会議に出席してみると、会議そのものにもある程度収穫があり、義務感のように思っていた仕事もうまくいった。 ぼくにはこれだけで充分に満足だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/30 22:07
猛烈に忙しい週末
猛烈に忙しい週末 猛烈に忙しい週末だった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/12 17:53
第126回奄美を語る会を終えて
10月29日に開かれた「奄美を語る会」は126回目であった。 本当に長い間続けてきたものだと思う。 しかし、今年は3月に開いてから7月も間が空いてしまった。 ひとえにぼくの怠慢である。 岡山に行って仕事をすることになって、週6日の勤務では土曜日に休むことが許されず、例会を土曜日に開催しているため、どうしても開くことができなかった。 気になりながらもとうとうこの日まで開くことができなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 21:58
友来たりて
友来たりて 学園の文化祭に奄美のシマウタの歌い手を呼ぶことにした。 この文化祭の講演の候補は沢山いたのだが、いずれも日程や謝金のことで折り合いがつかなかった。 そこでぼくに相談があったので奄美のシマウタでよければ話ができますよということで、中村瑞希さんを呼ぶことにしたのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/13 20:32
奄美のシマウタを聴く〜中村瑞希さんの講演
学園の文化祭で中村瑞希さんに来ていただいて、シマウタを披露してもらった。 岡山の学校の生徒たちに奄美のシマウタを聴いてもらいたいと思っていたのである。 感性が豊かなこの学校の子どもたちの耳にどんな風に響くのか楽しみでもあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 16:25
少し充実した1日
少し充実した1日 お盆の送りの日の15日は朝から予定が入っていた。 11時には鹿児島中央駅で奄美シマウタの唄者でぼくが最も敬愛する中村瑞希さんと会った。 9月に予定されている文化祭で彼女に奄美シマウタの披露をしてもらうことになっており、その打ち合わせをするためだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 08:14
城南海のカラオケバトルを偶然に見て
城南海のカラオケバトルを偶然に見て 6月1日、いろんなことが重なり、ぐったりとなってアパートに戻り、食事もそこそこに横になろうと思っていた。 最近は新聞はおろかテレビもまともに見ない生活が続いている。 情報を得ようとする意欲をすっかり失くしている自分に気付いているのだが、そんな自分に諦めてもいる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/07 05:40
「奄美を語る会」で
3月20日は第125回の「奄美を語る会」を鹿児島県教職員互助組合で開催した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/23 19:25
変な夢を見ていた。
変な夢を見ていた。 岡山に来て、ぼんやり歩いていたらふと変な夢を見ていたことを思い出した。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/08 05:52
鹿児島奄美会に出席
気乗りがしていない鹿児島奄美会に出席した。 1月31日、日曜日、会場はジェイドガーデンパレスというところ。会費は4000円。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 23:28
小説「海の群星(むりぶし)」(谷川健一著)を探し出し
12月5日(土)の「戦後70年、私の主張」の報告で「糸満売り」のことに触れるために、奄美大島教育会館で見つけた教師のメモのほかに沖縄に年期奉公として売られていった少年を主人公にしたこの小説のことを語りたかった。 そのために確かに買い求めたはずのこの本をぼくの本棚の文庫本専用の棚から探し出そうとしたのだが見つからなかった。 集英社文庫でテレビドラマになったときの映像のシーンが表紙になっていたことも鮮明に覚えていた。 誰かに貸した記憶もなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/28 22:12
喜界島の人たちの同人誌「榕樹(がじゅまる)」を読んで
14日の「奄美を語る会」の時、喜界島出身の平田さんからこの「榕樹」という雑誌をもらった。 この平田さんからは会の度に彼が書いたものなどや喜界島や奄美に縁のある資料をいただいている。 特に喜界島のことに造詣が深いようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/19 11:43
奄美を語る会の124回目を終えて
奄美を語る会の124回目を終えて 奄美を語る会を終えてホッとした。 人数は今年に入って開催した3回のうちでは少ない方だったのだが、国文祭という国民的行事と重なったことを考えるとよく来てくれたと考えたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/17 06:52
大高野球部の応援
九州高校野球鹿児島県予選が行われている。 母校の大島高校が勝ち進んでいることは、TV・新聞の報道で知っていたが、自ら応援に出向くことはなかった。毎回応援に行っている同級生の羽生彬伸・永井洋臣の両氏から随時結果を知らされていて、応援に行かなければとは思っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/04 08:17
加計呂麻島、1泊2日の旅A
加計呂麻島、1泊2日の旅A 加計呂麻での宿泊施設のペンション「RIKI」での夕食のことを記録しておきたい。 宿泊したのは9月16日だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/23 05:57
加計呂麻島、1泊2日の旅@
加計呂麻島、1泊2日の旅@ 今回の奄美への帰省には3つの目的があった。 1つはお盆に帰れなかったので、墓参り。ぼくの両親など「仙田家」と24歳で亡くなった兄の孫娘が眠る「大山家」の墓参りをしなければならなかった。特に兄の孫娘は初盆だったのでどうしても墓参りだけでもしたかった。 これは名瀬に着いてすぐに済ませてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/22 08:18
「昔日のあわい」(里鉄舟著・文芸社発行)を読む
「昔日のあわい」(里鉄舟著・文芸社発行)を読む 最近はこのブログで本の紹介などしなかったのだが、結構面白い本だったので感想を書こうと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/10 07:09
今年2回目の「奄美を語る会」
5年ぶりの「奄美を語る会」を7月に実施した後、すでに2回目の日程と会場は抑えてあった。 前回を終えてひと月が経った頃から準備を始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/08 17:46
様変わりしていた「鹿児島名瀬会」
5年振りの鹿児島名瀬会の出席だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/21 23:05
「奄美を語る会」の世話人だったフ藤井勇夫さんのこと
「奄美を語る会」の世話人だったフ藤井勇夫さんのことをブログに書きながらふと思い出した。 彼が亡くなった時、ぼくの友人である南方新社の向原社長が葬儀に駆け付けたことや、彼の死を悼んで名瀬で古書店を営む森本眞一郎さんが南日本新聞に追悼の詩を投稿したことなどを思い出した。 共に個性豊かな壮絶な生き方をしている人たちである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/11 15:27
「奄美を語る会」を続けていくぼくの思い
「奄美を語る会」を続けていくぼくの思い 5年振りに「奄美を語る会」を開いてみて、その期待が大きいことに気づかされた。ぼく自身も多くのことを学び、大事にしていかなければと思いながら、東京から帰ってきてすぐに復活できなかったことが悔まれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/11 15:05
5年振りの「奄美を語る会」、無事終える。
何かと心配であった。何せ5年間の空白がある。 約190通出した葉書のうち「あて所に尋ねあたりません」とか新住居表示がされていないということで返ってきたのが20通もあった。 それにこの日も朝からずっと雨が降っている。外に出るのも嫌な天気である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/05 22:54
色々な仕事を引き受けて・・・。
色々な仕事を引き受けて・・・。 今、ぼくがしなければならない仕事がいくつか目の前にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/03 10:04
鹿児島名瀬会の打ち合わせ会
6月28日、日曜日だというのに鹿児島名瀬会の打ち合わせに呼ばれた。 東京に行く前までは、ぼくは事務局的な仕事を引き受け、中心的に関わってきた。冊子の編集を含めてぼくの担当分野は多かった。 東京で仕事をすることになり、その仕事は他の人に引き継がれてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/29 15:04
『奄美を語る会』を復活することにした
『奄美を語る会』を復活することにした 「奄美を語る会」を復活することにした。 東京に行っている期間を入れて5年間も開いていなかった。 何とかしなければという思いもあり、周りからせきたてられてもいた。 やらなければいけないという責任感と面倒だなという思いが交錯していた。奄美に縁のある人に会うと必ずこの会のことを問われていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/16 14:15
鹿児島奄美会新年会に出席
鹿児島奄美会の新年会に誘われていた。 ぼくは4つの郷友会に所属している。ぼくが生まれて育ったのが名瀬であるため最初に鹿児島名瀬会に所属した。次に父が徳之島町母間の出身であったため鹿児島徳之島町郷友会に所属し、さらに龍郷町で13年間勤務したことから龍郷町に深い縁を感じていたため龍郷町郷友会に所属することになった。 そして、教職員として最後の勤務地になったのが徳之島の天城町の北中学校であったのだが、この学校に勤務してすぐにこの天城町の浅間という地域がぼくの母の生まれ故郷であることに気付き、定年で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/26 23:13
退教協の会で聞いた話A〜島差別のこと(編集後)
退教協の会で聞いた話A〜島差別のこと(編集後) 退教協の新年会の席で、中国の「江夏」族の末裔と思われる先生から聞いた話でとても気になることがあった。 それはこの先生が吉野東小学校の懇親会の酒席で交わされた会話のことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 07:31
宮崎で奄美の美しい娘さんに出会い
宮崎で奄美の美しい娘さんに出会い 鹿児島県教組の前委員長の悲報に接して、悲しみが癒えないまま宮崎行きの列車に乗った。 列車に乗る前に彼の自宅を訪問したのだが、遺族は不在だった。 カーテンが少し開いていたので中をのぞくと彼の遺影などが飾られており、家の外から手を合わせて引き上げてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/16 19:39
「標準語指導に関するアンケート」を受けて感じたこと
選挙の最中、こんなアンケートが来ていたがしばらく見過ごしていた。 毎日、大量なメールが飛び込んでくるのだが、ほとんどが回答の必要のないものばかりで、無視するか見ないでゴミ箱入りにしている。たまたま珍しく同級生から来ていると思い、開いてみたら、このアンケートだった。 これは丁寧に答えなければと思ったのだが、選挙運動に出かけなければならない時間になっていて、少し急いで回答してしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/11 07:43
大勝共栄会という郷友会に誘われて
親しくしている友人でシマの後輩でもあるY氏から龍郷町大勝の郷友会に誘われていた。 奄美大島の龍郷町を離れて鹿児島で生活している人たちが共に栄えることを願っている会だという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 20:04
在鹿・徳之島3町連合会懇親会に出席して
在鹿・徳之島3町連合会懇親会に出席して 台風18号が直撃するという10月5日(日)、中止という連絡もないので、会場のジェイドガーデンパレスに開会前のぎりぎり5時頃に行ってみた。 すでに多くの人が集まっていた。ぼくはほとんど最後の方だった。 台風直撃と言っても鹿児島市内は風が少し強かっただけでさほどの影響もなかったので、皆さん、安心して来られたようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/07 04:57
我が家での「中秋の名月」
我が家での「中秋の名月」 昨夜は中秋の名月。 毎年、この日は妻が月が見える所に祭壇を設けてススキを飾り、月見団子やサトイモ、クリなどを供えてくれていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/09 08:32
奄美の若者たちの活躍が凄い。
テレビのニュースで日本女子の野球が世界一になったという報道があり、しかも4連覇だという。 女子のソフトボールのことは知っていたが、女子野球のことは無知だった。 しかもMVPを取った選手が奄美市出身だと聞いて、さらに驚いた。 カラオケバトルという番組で城南海という歌手が優勝したということにも驚いたが、女子野球の世界でMVPを取るほどに活躍する選手がいるとは、シマの子が頑張っていることに驚いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/09 06:03
また、奄美がテレビに登場〜ダチョウ倶楽部ら出演!【魅惑の!【魅惑のきょら島 まるかじりヤー】
今日(29日)の夕方、食事を終えて、何気なくテレビを視ていると、懐かしい光景が広がっていた。 どうも国道58号線上にある島々を、何かのキャンペーンなのかタスキリレーで走り抜ける番組らしい。 今夜の放送は種子島から奄美に移動して、奄美大島の各地を紹介していた。 「ダチョウ倶楽部ら出演!【魅惑のきょら島 まるかじりヤー】」という初めて視る番組だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/29 21:12
「カラオケバトル」で城南海が優勝!!!
先週、菅直人の講演会が終わった後、奄美出身の5人で近くの居酒屋に行き、一杯やった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/13 06:21
友人の夫婦が訪ねて来て・・・。
日曜日の夕方、ぼくの友人夫婦が訪ねてくることになった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/12 05:28
奄美の島料理、シマウタに酔いしれて
19日、昼は淡路島をドライブして、夕方からはやはり同級生のやっている神戸市の長田区にある居酒屋に行った。 ここでは夜になると中学時代の同級生の2人が加わり、4人での飲み会となった。 予め連絡を入れてあったのか、すでに島の料理が並んでいた。豚骨料理、奄美から送られてきた貝、魚を使った料理が山盛りであった。 ぼくは、しかしながら昼の料理で腹一杯になっていたので、食べる方はなかなか進まなかった。食べ物に関してはいつもタイミングが悪い。というより食べることにはあまり執着心がないという、損な性格もあ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/24 22:21
大高野球部の2回戦の応援で出会った人たち(推敲済)
同級生に誘われて応援に出かけた。 ハローワークへの手続きなどやらなければならない仕事もあったが、誘われたらそっちの方に心が動いた。 それでも午前中でできることは片付けて、鹿児島市営球場に急いだ。 当初は12時からの予定であったが、前の試合が長引いたのか球場に入った時には、前の試合の6回の攻防が終わったところだった。 天候もかなり暑そうだったので隣のダイエーに行き、食堂で涼みながら昼食を取った。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/18 07:34
東久邇邸でお世話になった恩人のことA
ぼくにとって東久邇邸で出会った藤井さんは、人としての生き方をそれとなく教えてくれた人であった。 それだけに忘れられない人でもあったが、ぼくは自分の人生を生きるのに必死であったため彼の消息を知ろうとする努力は怠ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/14 05:28
東久邇邸でお世話になった恩人のこと@
ぼくは、1966年3月、奄美の大島高校を卒業すると同時に東京に行った。 東京都立大学を受験するためだったのだが、失敗しても東京に残る覚悟で朝日新聞の新聞店をアルバイト先にしていた。 不安だらけの悲壮な覚悟だったが、同じ高校の同期のものが他に2人も同じ新聞店に行ったので心強かった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/12 05:32
築地俊造&リッキーライブの後の懇親会での出会い
築地俊造兄のライブの後の恒例の懇親会にいつもの通り出席した。 ぼくの同級生グループはぼくを残して、ライブのあった新大久保の店に食事をしに行ってしまった。 懇親会の出席者がいつも多くて入りきれないと判断したからである。 ところがこの日はとても人が少なく、用意していた席を半分に減らしてしまった。 ぼくは同級生グループに電話をして、早めにこちらに来てくれるように依頼した。 彼らはありがたいことに1時間ほどで駆けつけてくれた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/12 20:56
再び、泉芳朗の未発表短編小説「蕃衣を着て」のこと
泉芳朗の未発表小説のデータ入力を終えて、それを遺族に渡していた。 泉芳朗の直筆の原稿には読み取れない文字などがあったので、それを確認する作業もあり、5月3日、芳朗の末弟の方が住む茨城県取手市に行った。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/04 16:00
永井龍雲の「ルリカケス」が気になって(修正版)
最近、永井龍雲の「ルリカケス」という歌が気になっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/24 07:07
大高応援団、最優秀応援団賞受賞
大島高校が1回戦で闘った龍谷大平安高校が見事に初優勝した。 昨日のスポーツニュースでも大きく取り上げられていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/03 09:15
北中学校卒業生と楽しく
北中学校の卒業生と久しぶりに会って飲んだ。 3月29日土曜日の午後6時に亀戸駅で待ち合わせをした。 卒業生は男女2人ずつで4人、北中学校で同僚だったN先生とぼくを入れて6人になった。 N先生はリコーダーの全国コンクールに生徒を引率してきて、宿泊場所が亀戸のホテルだったとのこと。 相変わらず音楽の指導で優れた力を持った稀有の教師である。 脱帽する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/30 10:07
甲子園で蘇った奄美の「すっとごれ」精神
奄美の人の心には「すっとごれ」という精神がある。「なにくそ」という反発心である。 差別と偏見、抑圧に屈せず、何があっても自分の中にある奄美の心を発揮し、成功させてやるという心構えなのだろう。 この心を失わず、前向きに生きてきた奄美の先人たちは数多くいる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/28 21:16
大高出場で、奄美の心、甲子園で大きく燃え上がる〜春の選抜高校野球大会
甲子園に午後1時前には着いた。 緑の帽子をかぶった人の波に圧倒された。シマの人の顔がそこら中に溢れている。めまいがしそうなくらいであった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/26 22:51
新宿「たかぐら」で語り、飲む
この3連休は甲子園に行くつもりで予定を入れていなかった。 それがまさかの25日の試合となり、仕事を含め大いに予定が狂ってしまった。 お陰で3連休がぽっかり空いてしまっているところに、飲みのお誘いがあった。 ぼくの高校時代の恩師である故・和眞一郎先生の娘さんである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/23 22:15
甲子園のチケットと応援グッズを受け取る
26日午後6時から甲子園の入場券を渋谷の「六調」で渡すという連絡が世話係りの水間英樹氏からあった。 ぼくはこの日は5時30分から職場の同僚の送別会が計画されており、6時という時間に取りに行くのは無理であった。 そのためその店に預けておくように依頼した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/20 21:13
どこに行っても話題は大島高校の甲子園出場
最近のオフタイムの話題は大島高校の甲子園出場のことばかりである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/19 15:58
又吉直樹のことが気になった
「又吉直樹、島へ行く。母の故郷〜奄美・加計呂麻島へ」を視て、又吉直樹という人物に興味を持った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/03/15 14:54
大島高校、夢の甲子園出場の対戦相手が決まる。
3月14日、春の先発高校野球大会の抽選会があった。 試合の日は25日午後2時からとなった。 鹿児島の離島、奄美大島の高校にとっては滞在費がかさむことや開会式から5日間もモチベーションを持ち続ける困難さがある。 相手校は甲子園の近隣の京都代表、龍谷平安高校である。練習場所の確保の心配もいらない。滞在費は全く不要である。しかも甲子園最多出場校と初出場校、力の差も相当ある上に莫大なハンディを負って、試合に挑むことになった。 しかし、歴史的にも奄美のこうしたハンディは常に負ってきたことであり、奄... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/15 08:17
「又吉直樹、島へ行く。母の故郷〜奄美・加計呂麻へ」を視て、思い出したこと
友人から放送のある当日、メールで紹介してもらったので、NHKの大島高校甲子園出場のニュースに引き続いて、奄美を堪能することができた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/14 08:54
NHKの9時のニュース、大島高校の21世紀枠での甲子園出場に燃える現地を取材
昨夜の9時のニュース番組で大島高校が21世紀枠での出場に湧く現地の様子を報道した。 最初流れた情報では6日ということだったのだが、1日ずれたようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/08 16:03
泉芳朗の未発表短編小説「蕃衣を着て」のこと
泉芳朗の未発表の小説が2編見つかっている。 それを息子にデータ入力を頼んでおいたのだが、その中1編がほぼ出来上がったのでE-メールでデータを送ってもらい、校正作業をした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/28 17:19
奄美での憂鬱な選挙!!!
徳田毅衆院議員が議員辞職した。これに伴い、衆院鹿児島2区補欠選挙が4月に行われるようだ。 マスコミによると事実上、自民、民主の対決となる見通しだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/25 19:21
2日続けての飲み会でダウン!!!
20、21日と2日連続の飲み会で流石にダウンした。 20日は九ブロ協議会の懇親会があり、2次会まで行ったため、かなりのアルコールが入ったようだった。それでも2日目の会議も鞭打って出席した。 会議に終わった後も、相談したいことの打ち合わせもきちんとやり、役割は果たした。 自分の退任が決まった以上、その後のことを考えておきたいと思っている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/23 20:56
「土濱笑店」開店5周年記念のパーティ
2月11日、土濱笑店の5周年記念のパーティに招待されていた。 当初、5人で行く予定だったのだが、主要メンバーの同窓生の女性がインフルエンザで倒れ、一緒に行く予定の彼女の従姉妹も初めてということもあり、欠席することになった。 ぼくも、急遽、友人の葬儀で沖縄に行くことになったので行けない可能性が高いと伝えてあった。 ところが葬儀が思ったより早く終わったので、沖縄発13時40分の飛行機に間に合うことができた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/13 07:39
母校・大島高校、悲願の甲子園出場、決まる。
会議が終わって、大津に向かう新幹線の中で珍しく同級生から電話があった。 大島高校の甲子園出場が決まったというのだ。 本当に驚き、喜んだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/24 22:43
奄美復帰運動の父と呼ばれた「泉芳朗」の未発表原稿を探して
昨年の春、「泉芳朗詩集」の新装版を発行する企画の段階で遺族の了解を取るため連絡を取った。 遺族で身近な人は泉芳朗の末弟で茨城県の取手でご健在だった。 電話で新装版発行の了解を得た時、未発表の原稿があるという情報を得ていた。 それも加えれば新装版に質量共に厚みが出ると喜び、その原稿が来るのを楽しみに待った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/21 21:29
「糸満売り」のこと
「だより」の入稿が近づいていて、ぼくは編集雑記を書かなければならなかった。 いつも押し迫って書くのだが、今回も全く同じ状態であった。 何を書くかテーマもキーワードも考えず漫然と書き始めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/15 20:52
茅ヶ崎での奄美群島日本復帰60年を祝う懇談会
同窓生の水間英樹氏から誘われていた茅ヶ崎の「よれよれ」という居酒屋での奄美の日本復帰60年を祝う会に参加した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 17:00
薩摩中学校での人権同和教育学習会で奄美を語る
2週続けての中学校での人権同和教育学習会である。 11月29日、当日の朝早く、担当の先生から午後2時頃までに学校に来て欲しいということだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/01 20:11
奄美群島日本復帰60周年記念特別コンサート 絆
楽しみにしていた企画である。 11月24日(日)午後1時開場だったので早目の1時15分には宝山ホールに着いたのだが、すでに長蛇の列だった。 ホールの中に入ってみると確かに満席状態である。 後方の席しか空いていなかったのでそこの席を確保して開演を待った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/25 10:11
上市来中学校の人権同和教育学習会で奄美を語る
随分前から依頼されていたのだが、具体的な計画がなかなか進まず、ぼくも資料の作成が直前までできていなかった。 学習会の計画されている週の月曜日にやっと講演依頼の文書が来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/24 10:35
奄美空港に降り立って
羽田空港でクラス会に出席する友人二人と出会った。 その二人はそれぞれ弟や同級生が空港に迎えが来るという。 そういう親戚や友人を持たない寂しいぼくはレンタカーを借りる予定にしていた。 ぼくに同情したのだろう、同級生が迎えに来るという友人が一緒に乗っていかないかと優しく語りかけてきた。 ぼくは素直にその言葉に従うことにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/19 05:13
龍郷町長選挙、大詰め
龍郷町長選挙が告示された。立候補者は予想された3人。 実質は現職の川畑宏友と役場の総務課長を辞して立候補した徳田の争いなのだろう。 構図として見えてくるのは龍郷町の良心を代表する川畑と土建屋から押されて立候補した徳田との一騎打ちである。 従来から利害関係で町政を牛耳りたい者(=土建屋)が、金も人も出す選挙のパターンが今回も繰り広げられている。 結構、若い人たちが金で動ているというから悲しい。 女性と高齢者が信念を貫く姿を見せられると、若さだけを売り物にしている者の危うさを感じないわけに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/17 04:34
奄美群島日本復帰60周年記念大会に出席
ぼくは、この日が近づくにつれ、胸が高鳴ってきていた。 50周年は鹿児島で迎えた。 この年はぼくもいろいろなところに駆り出され、奄美の復帰運動のことや奄美の辿ってきた歴史について語ってきた。 あまり無責任な話も困るだろうと思い、ぼくなりにかなり勉強してきたのだが成功できたという思いを抱くことは一度もなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/08 08:54
「かんつめの碑」を訪ねて・・・。
やっと念願の「かんつめの碑」を訪ねるkとができた。 シマ唄で何度も聴いてきた歌であるし、鹿児島県教職員互助組合の公益文化事業「奄美沖縄シマウタフェスティバル」でも何度も歌ってもらったものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/02 17:14
寂しげな奄美のシマの光景〜嘉徳・西古見他
9月29日(日)、西古見に行くという鹿児島県教組の下馬場委員長の車に同乗して、久しぶりの瀬戸内町を訪ねることとなった。 身を軽くしようと思い、カメラなど必要なものだけを身につけて、乗った。 そのため、免許証も置いてきたことに気付いた時はすでに遅かった。 申し訳ないと思いつつ、委員長の運転で瀬戸内町を経巡ることにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/02 15:38
奄美の山が紅葉?〜松クイ虫にやられた異様な光景
9月27日、奄美空港に降り立ち、名瀬行きのバスに乗った。 バスから見える山々の光景が紅葉したかのように赤く染まっている。 よく見ると山々の松が赤く変色しているのだった。 松クイ虫にやられてしまっていることはすぐに分かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/02 08:19
龍郷町長選挙が近い
奄美に「帰った」ぼくには、しなければならない重要な任務が生じた。 当初の目的は、帰った初日にある程度果たすことができていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/30 07:12
民俗学者、谷川健一が亡くなった。
民俗学者の谷川健一が亡くなった。 奄美にも大いに縁のある学者である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/26 21:03
シマウタライブ〜土濱笑店にて
19日(月)はライブだということで予約制になっていた。 ぼくと池岡氏は4人の席を予約したつもりだったのだが、確実なのは2人で、それ以上増えるのであれば連絡して欲しいと言われていた。ところが当日になって、後3人が行くことが分かって5人分の席をお願いした。 店の人は相当困っていた。 満席だったのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/20 20:16
ヒラの会という飲み会
「ヒラ」の会と言いながら決してそうではない人たちの集まりである。 メンバーはかつての教職員組合の執行委員たちである。副委員長や文化部長、会計部長の経験者たちである。錚々たるメンバーというのがきっと正解なのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/10 09:34
ご当地ナンバープレートに「奄美」決まる。
「奄美」のご当地ナンバーが決まったようだ。 率直に嬉しい。ぼくの住んでいる世田谷区は反対住民が訴訟まで起こしているようだが、確かに東京は何のメリットがあるのかよく分からない。 「奄美」というのはなんだか鹿児島から独立したような気分だ。考え過ぎか! 車を奄美で登録して、東京に持ち込んで走り回ったら、奄美の宣伝にもなるようで楽しくなりそうだ。 見ている方も奄美ナンバーをみると、奄美から来ていると関心を示すかも。宣伝効果が多いにあると思う。 楽しみだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/03 22:06
カサリンチュ〜小田急町田店の奄美フェスタにて
奄美群島の祖国復帰60周年の今年、全国各地で様々なイベントが開催されている。 東京では小田急百貨店町田店で「奄美群島日本復帰60周年記念 奄美の観光と物産展」を開催しているというので、同窓生の伊狩俊秀氏と待ち合わせをして、見に行くことにした。 3時30分の約束の時間には余裕を持って着いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/23 19:53
NHKドラマ「島の先生」が終わった。
楽しみにしていた「島の先生」が終わった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/02 22:29
会議の準備に追われる。
3日(水)からいよい会議が始まる。 一日、その準備で追われた。 どうしても集中力が欠けて、仕事がはかどらない。 困ったものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/01 19:36
「糸満」に売られる?
東京散策会が22日にあった。 待ち合わせの原宿駅で同窓生のある女性と中学校の同窓会で中断した話をぶり返して聞いてみた。 その話は奄美大島宇検村の人たちが開拓で本土に来て、住み着いた人たちが多くいて、自分の先祖はその一人ではないかというのである。 その場所が東松山だというのである。 同窓会では東松山という地名がピンとこず、鹿児島の松山町と混同していた。 そのことを確認したかったのだが、やはり東松山だということで落ち着いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/23 10:03
有楽町に奄美の熱〜村上弘人展
有楽町で奄美の熱を感じる絵画展があった。 場所はギャラリー日比谷、地下鉄日比谷線駅A4出口の側にあり、すぐに分かった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/19 20:25
NHKドラマ「島の先生」(一部修正)
NHKのドラマで仲間由紀恵主演の「島の先生」(毎週土曜日午後9時から6回連続)が放映されるということを知って、これは視なければと楽しみにしていた。 25日に第1回が放映された。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/29 19:33
執筆依頼を受けて書いた原稿・・・「復帰60年の年、奄美の歴史を日本の位置付けの中で思うこと」
県教組の情報誌に執筆依頼を受けていた。5月15日締め切りで1日遅れて送った。 与えられた文字数を遥かにオーバーし、相当削ったのだがそれでも収めきれなかった。 自分の思いを文字にする余裕はなく、不満が残ったのだが、自分の能力の限界と考えるしかない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/28 07:52
ブログのコメントに首をかしげ・・・。
築地俊造兄のコンサートと懇親会の様子をブログで紹介したら、早速次のようなコメントがあり、しばらく悩んだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/18 09:27
「卵おにぎり」が珍しいなんて〜テレビ番組「ケンミンSHOW」を見て
フェイスブックでテレビの「ケンミンSHOW」という番組で徳之島の食べ物の紹介があるということを知らされ、ぼくのその記事をシェアーして、ぼくの「友達」にも教えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/17 18:40
「築地俊造&リッキー」ライブ、多くの出会いに驚く
いつものライブで楽しみにしていた。 ただ連絡をするのを忘れていて、迷惑をかけたかなとも思った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/13 08:47
10年前のこと
10年ひと昔というけれども、最近、10年前のことを思い出すことがある。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/09 19:12
連休中の出来事、小岩で。
連休の初日は、特に予定はなかった。 そんな折、高校の友人から電話があり、小岩に飲みに行かないかという誘われる。 小岩に同級生がやっている居酒屋があり、屋号は「大川」といい、6時30分に店が開くという。 予定がないと思い込んでいるぼくは喜んでOKの返事をする。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/30 19:40
「米軍政下の奄美における教科書密航事件」のこと
4月28日、同窓生有志による花見会という名目の飲み会が後楽園の中にある涵徳亭で開かれる。 この日は、61年前、サンフランシスコ講和条約が発効された日でもある。 安部内閣は政府主催でこの日を「主権回復の日」として式典を行なうという。 奄美・沖縄にとっては、この日はこの講和条約によって改めて米軍の信託統治下に置かれた「屈辱の日」である。政府の無神経な式典にはただ腹立たしい限りである。 この日の同窓生の集まりをただの飲み会だけに終わらせず、60年前の祖国復帰運動の歴史を学ぶ会にしたいと考え、資... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/04/24 21:38
放置された甕のこと〜奄美にて
宇検村平田(へだ)の墓にお参りに行った時、墓場の山側の方に大量に放置された甕が気になった。 その甕は穴が空けられたものや波や花・鳥などがレリーフ状に綺麗に装飾が施されたものばかりで、放置はされているものの割られたりしているものではなかった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/21 21:15
奄美にて〜大和村から宇検村へ
前日の偲ぶ会の出席者のうち、枝手久闘争の関東青年部と学者グループ「ポチの会」が枝手久島に行くというので便乗した。 このメンバー以外の者はぼくと南方新社の向原社長だけである。 車4台、12人の参加者での出発となった。 ぼくと向原社長は関東青年部のリーダー格のナガシマさん(沖永良部徳洲会勤務)の車に便乗した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/19 18:55
驚くほどの資料〜松田清さんを偲ぶ奄美の会A
実は、この偲ぶ会ではたくさんの資料が出席者に配布された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/18 15:54
松田清さんを偲ぶ奄美の会
3月15日(金)に東京に引き続いて、奄美市名瀬でも偲ぶ会が開かれた。 場所は、松田清さんの蔵書の寄贈を受けた奄美大島教育会館である。 この会館の2階に松田清文庫を設置してある。 寄贈された図書・資料は2000点以上に上るという。この蔵書の目録を作る作業を「ポチの会」という奇妙な名前の学者グループが精力的に進めてくれた。 京都大学や大阪府立大学を初めとして、北海道から沖縄など全国各地の新進気鋭の学者が定期的にフィルドワークで集まっているらしい。そのフィルドワークの一環としてこの作業を進めて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/16 17:28
政府主催「4/28 主権回復の日」式典に疑問(一部字句の訂正)
政府が12日の閣議で、サンフランシスコ講和条約が発効して61年目にあたる4月28日を「主権回復の日」として式典を開くことを決めたとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/13 08:19
秘蔵映像に見る奄美の日本復帰運動〜MBC番組を観る会
3連休の1日目の土曜日午後3時から、新宿「たかぐら」であった。 時間前には予定された25人の出席者のほとんどが来ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/02/11 18:59
NHK-BS時代劇「アテルイ伝」を観て
先週は出張中で観ることができなかったので録画したのを観た。 4回目が終わって、期待が大きかっただけに「これで終わり?」という感じがした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/06 08:49
「新編 泉芳朗詩集」の復刻版で遺族に会う
昨日は「泉芳朗詩集」の復刻版の件で、遺族で「芳朗」の末弟という人と日本橋三越で会った。 その場所を指定していただいてぼくは大変都合がよかった。ぼくの勤務地の隣の駅だからだが、その方は「平山郁夫展」を観るためだったらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2013/02/05 08:37
また、忙しくなる。
今日は午後から理事会。 2013年度の事業計画を審議してもらうことになる。 やっと書き上げた。今回は書くのに非常に苦労した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/01 09:01
「奄美大島に於ける『家人(ヤンチュ)』の研究」の復刻版の出版に向けて
「奄美大島に於ける『家人(ヤンチュ)』の研究」の著者「金久好」の遺族に会えることになっていた。 1月29日午後6時30分、銀座5丁目にある「天厨菜館」という中華料理店である。 職場に5時30分までいて、ぼちぼちと歩いて行った。銀座4丁目の交差点まで30分ほどで着いた。 指定された場所を探すのに少しうろうろしたが、すぐに分かった。4丁目の交差点から「すずらん通りに入ってすぐの2軒目のビルの6階であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/31 08:55
奄美本の復刻版の出版に関わって
今、奄美に関する2冊の本の復刻版の出版に関わっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/25 08:40
しばらくぶりのブログ
福岡、鹿児島と旅行している間、いろいろと付き合うことや私事で振り回され、ブログから遠ざかっていた。 鹿児島に帰っている間は、パソコンが目の前にあるので暇を見つけてちょっとした作業をしようと思えばできないわけではなかったのだが、気持ちが乗らずに放っておいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/26 20:09
奄美地区支部の構成劇「苦い砂糖」を観る
11月2日(金)、鹿児島県教職員組合教育研究集会の開会行事の奄美地区支部の構成劇「苦い砂糖」を観るため鹿児島に向かった。 研究集会は3日(土)からであったが、個人的な用事を済ませたくて前日から出かけることにした。 この構成劇は2週間前の支部の教研集会でも観ていたのだが、まだ完成していない印象を受けていた。 この時、感想を求められたのだがぼくはあまり多くのことを指摘しなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/06 19:42
朝崎郁恵、シマウタコンサートを聴く
上野から帰って、急いで昼食を済ませ、鎌田区民センターの場所をパソコンで確認し、歩いて行くことにした。 歩いて20分位とあったので軽い散歩コースと考えた。 地図をプリントアウトしようとしたのだが無線ランでつながっているはずのプリンターが反応しない。 何度か試みるけれども原因が分からない。仕方がないので大体の見当をつけて歩くことにしたのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/29 09:33
島へ
今朝、土・日や祭日の休日以外のラジオ体操に初めて行った。意外と若い人と初老の夫婦連れが多い。 若い人が意外だったのだが、よく考えてみるとラジオ体操をしてからでも充分会社に間に合う時間だったのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/12 08:46
映画「沖縄」を観るために
22日土曜日、映画「沖縄」を観ることにしていたため一切の予定は入れないようにしていた。 前日までには誘っていただいた方からのメールで場所を確認し、ネットで地図もプリントアウトして準備万端のはずだった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/24 22:18
また、講演依頼を受けて・・・。
21日の火曜日から鹿児島県教組奄美支部から電話を受けていた。 電話があった時は人と会っていて取り込み中だったので出ることができず、着信履歴で掛け直したところ講演の依頼だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/24 08:24
シマにてB〜奄美大島教育会館維持財団の資料整理
今回の帰省の最大の目的である。 戦前からの資料の整理である。 時々は新聞記者が訪れてきて、資料を見せて欲しいと言われることもあるらしい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/14 08:01
シマにてA〜亡くなった元支部長宅を訪問
昨年から今年にかけてぼくが県教組奄美支部の組合専従時代の支部長2人が相次いで亡くなっていた。 いずれもぼくが出張中だったりして、弔電を打つことができず、ずっと気になっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/14 07:55
東京名瀬会総会・懇親会
20日金曜日は、熊本の懇親会場から11時過ぎの新幹線に乗り、深夜に鹿児島に着いた。40分程度で帰れるから本当に近い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/24 18:36
奄美の観光と物産展、東武池袋店
この物産展に同窓生たちと連絡をとり、有志で集まることになった。 池袋の駅は相変わらずのにぎわいで、混雑も激しく、いつものことながら自分の居場所とこれから訪ねるべき場所との方向感が失われてしまう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/16 10:43
沖縄の日本復帰40年
15日、沖縄が日本復帰して40年を迎えた。 この記事を朝日新聞は1面トップで取り上げ、関連記事も多かった。また、この日を迎えるまで特集記事も組んでいた。 日本経済新聞は4面に記念式典での野田総理の挨拶と社会面に「復帰年生まれ3人の決意」という特集を載せているだけだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/19 04:41
「南西諸島史料集(第5巻)」(山下文武編、南方新社刊)、遂に発行!!!
「南西諸島史料集」の第1巻が松下志郎編集で刊行されたのが2007年だからほぼ1年1巻のペースで発行されてきて、やっと完結した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/03/29 08:28
シマにて〜名瀬散策
日曜日、シマは朝から雨が降っていた。 小雨なのだがなんだか島にしては肌寒い。 飛行機は午後2時50分発で時間は充分にある。 すでに行きたい場所には行ってきたし、どうしようかと思案していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 21:17
シマにて〜阿木名・ほのほし海岸・嘉徳・古仁屋港他
土曜日、車を借りて瀬戸内町に向けて走った。 まず新規採用で勤め始めた阿木名に行った。ここに勤め始めたのは40年近く前のことである。 重野安繹(やすつぐ)の鏑居跡を訪ねてみたかったのだ。 ぼくが住んでいた家の近くだという見当はついていたのだが、行ってみると何とぼくの住んでいた家のすぐ隣なので驚いた。 重野安繹の屋敷は伊須湾の面していた。 おそらく昔はコンクリートの護岸ではなく、アダンの林に守られていたのだろうと思う。 そこから潮音を聞きながら来るべき日に備えて学問をしていたのだろうと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 19:25
シマにて〜金作原を散策
金作原はひかげへごが生い茂るゴジラのロケーションでも使われたという場所である。 さまざまな植物が珍しく、南国ならではの風景に出会える場所である。 ぼくは不用意に車を運転してひどい目にあったこともあるので今回はしっかりとガイドを頼んで見学することにした。 お陰で今まで通ったことのない道を知ることもでき、きちんとした説明も聞くことができて成果があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/27 19:21
シマにて〜シマウタを聴く
シマでの会議が終わって、ホテルで夕食を済ませた後、シマウタを聴きに行くことになった。 「かずみ」というシマウタを聴かせる居酒屋である。 満席ということであったが、詰めてもらうことにしたらしい。 もともと狭い場所で、畳の席は7〜8人も座ったら窮屈である。 カウンターの席も5人位しか座れない。それでも飲みたい(シマウタを楽しみたい)人は立っているしかないのだ。 そういう場所に押し掛けて、席をつくってもらった。 申し訳ない気もしたが遠慮なく厚意に甘えることにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/27 18:59
出水沢藍子さん歓迎会・新年会inたかぐら
出水沢藍子さんが東京に来る機会に歓迎会を兼ねた新年会をする段取りになっていた。 東京の同窓生は何かにつけて飲む機会を設けてくれる。 東京で一人寂しく暮らすぼくには大変ありがたいことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/20 07:53
天城町成人式に出席
宿泊ホテルのサンセットリゾートは実業団の陸上部の選手が合宿で多く利用する場所である。 正月も何組もの実業団が合宿しているようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 10:34
天城町立北中学校の同窓会のひと時
成人式の前日(1月4日)に同窓会をするということで呼ばれていた。 鹿児島からは担任の長原美保先生と音楽の西恵子先生、徳之島在住の佐藤先生が出席していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 09:56
同窓会有志の忘年会〜神田・麹倉
先着20名限定の忘年会とのこと。 場所は、神田にある奄美・沖縄・鹿児島料理の居酒屋『麹倉』というところ。 この系列の店は、東京駅の八重洲口と有楽町にもある。 それぞれ奄美関係の飲み会で1度だけ利用したことがある。 確かに、奄美・沖縄・鹿児島の焼酎が置いてある。 奄美は黒糖焼酎、沖縄は泡盛、鹿児島はイモ焼酎とそれぞれ違う。 奄美も鹿児島県ではあるが沖縄とも鹿児島(この場合の「鹿児島」は本土の方をさす)とも違う食文化を持っているし、メニューの中にもそれは明らかにしていた。 経営者が奄美... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/19 18:58
徳之島・北中学校同窓会/成人式に招待されて
≪1月4日 徳之島での私たちとの同窓会♪ とても楽しみです(*^^*) (なっちゃん)≫というコメントがぼくのブログに掲載されていた。今朝、気付いた。 一瞬誰かな?と思ったのだが、あの人懐っこい、しっかりしたリーダーシップを持った奈津美さんかなと想像した。 とても素敵な娘である。徳之島の豊かな自然と温かい空気を体いっぱいに膨らませた笑顔が素晴らしい奈津美さん?シマの子どもたちはみんな個性はそれぞれ違うけれども、同じように自分の島が好きで可能性をたくさん感じさせてくれる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/16 20:47
調所一郎氏との出会い〜鹿児島にて
鹿児島で懇親会をした会場「群倉」(ぼれぐら)のおかみさんが調所さんがよく来ますよ。今夜も来るかも、話をしたいと言っていましたよという声に引き込まれた。 まだ、付き合いが残っていたのでその場を後にしたのだが、3次会のスナック「六調」に着いて間もなく件のおかみさんから「調所さんが来ましたよ」という電話があり、これは会わなければと思い、「群倉」に戻った。 これが調所氏との再会だった。 彼は、2009年に、ぼくやぼくの仲間が中心となって「島津藩による奄美・沖縄琉球侵略400年 奄美の未来を考える集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/12 22:12
新宿「たかぐら」での忘年会
昨夜は新宿「たかぐら」で奄美の大先輩たちとの忘年会だった。 昨年来、親しくさせていただいている関玲子姉からのお誘いである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/07 22:28
奄美の新聞「南海日日新聞」
東京に来てから奄美の情報から遠ざかるのが寂しくて、奄美の新聞「南海日日新聞」を購読している。 1週間分をまとめて送ってもらっている。毎週ほとんど木曜日に郵送されてくるのだ。 今日がその日。 1週間分を丹念に奄美関連の記事だけを追っていくことにしている。 その中で「喜界に東シナ海交易拠点」という大きなタイトルで記事が掲載されていた。 思わず夢中になって読んでみた。 奄美の古代・中世の歴史は全く解明されていない。まあ一部は記録に残されてはいるがまだまだ充分ではない。 そういう中でこうい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 21:23
「コツコツ展」(岡田明美・松崎八重子)を観る
11月25日(金)から11月29日までの日程で、古い大島紬を洋服や帽子など様々な作品に仕上げた展示会が神楽坂(スペースK)で開かれるという案内状を頂いていた。 妻が東京に来る日をこの日に合わせてもらっていた。 25日、仕事を2時間ほど早めに切り上げさせてもらって、妻とは九段下で待ち合わせをして、神楽坂に向かった。 場所は地下鉄のB3の出口から出てすぐのところだった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 19:17
『渡会美枝子詩書画展』を観る
渡会美枝子さんという女性は、築地俊造シマウタコンサートの後、新宿「たかぐら」での懇親会で向かいに座っていた女性である。 「よいすら節」の高い音程をとても素敵な声で歌う印象的な女性だった。 いろいろ話しをしているうちに趣味の話になったのだろうと思う。ぼくはてっきり音楽の方面だと思っていただけに「墨絵」をやっていますという答えに驚いたのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/23 19:37
雨の土曜日。「校正」作業に没頭!!!
久しぶりに砧公園を散歩しようと思っていた。 土曜日は燃えるゴミの日である。ゴミをかき集め、ゴミを捨ててから、小雨の中を砧公園に歩いた。 砧公園に入り、薔薇園に近づくと、色とりどりの薔薇の雨に打たれた光景が目に鮮やかに写る。 雨に濡れた薔薇を何枚か撮る。デジカメではなかなか気に行った写真が撮れない。 雨がひどくなりだして、散歩する人は誰一人としていない。 やはりこんな日の散歩はさまにならないと引き返した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/20 08:23
「大高41会」関東地区同窓会、嗚呼!!!
大変なことになっていた。 はじめから飲むと決めた時の飲み方は、ぼくの場合どうも破滅的になる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/15 05:16
坪山豊のシマ歌を聴く
偶然知り得た情報だった。 法政大学・沖縄文化研究所の講座で「坪山豊のシマウタ」を聴くことができるというのである。 11月9日午後3時10分からということだったので午後から休みを取って、会場の法政大学のサッタホール6階に出かけた。 奄美シマウタの第一人者・坪山豊のシマウタがただで聴けるとはありがたいと思い、仕事そっちのけで出かけた。 もっともこの日にすべき仕事は無理して午前中に片付けたということもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/11 08:15
沖縄から戻った後の東京・・・
沖縄では暑い位で上着を着ることもなかった。 東京の戻ったらさすがに寒い。 朝の冷え込みに縮みあがる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/01 08:45
那覇にて
金曜日、沖縄に飛んだ。 5時30分発の便が満席である。家族連れ、ビジネスマン風やらとにかくいろいろな人々が乗り合わせている。 那覇空港に着いても人でごった返している。 連絡をしていた宮城守弘氏と空港で待ち合わせをし、タクシ―で那覇のホテルに行った。 荷物を預けて、近くの居酒屋で一杯飲んだ。 沖縄の料理が旨い。泡盛も格別な味だ。とてもホッとした気分で飲めるのは嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/31 20:45
東京名瀬町会
半蔵門で降り、四谷に向かって歩き始めた。 小雨で傘なしで大丈夫だと思って歩き始めたのだが、本格的に降りだしたので慌てて傘を出した。 それでもかなり濡れた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/23 15:15
赤坂憲雄を読む
赤坂憲雄の本を本格的に読み始めた。 「東西/南北考ーいくつものー日本へ」(岩波新書)、「東北学/忘れられた日本」(講談社学術文庫)、「東北ルネッサンスー日本を開くための七つの対話」(小学館文庫) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/12 21:17
「江戸期の奄美諸島」をテーマにした研究会
10月8日(土)、法政大学沖縄文化研究所において、「江戸期の奄美諸島」をテーマにした研究会が開催された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 05:39
奄美での出会いいろいろ
奄美市名瀬に着いた22日にすぐに訪ねたのは「奄美自然食品センター」である。 ぼくの義姉の孝子姉が経営する店である。 東京でのことやら近況を報告していたら年配の女性のお客さんが訪ねてきた時、孝子姉が「房江姉さんよ」と教えてくれたのでぼくはきょとんとしてとりあえず挨拶した。 挨拶してすぐにぼくの神戸にいる姉の女学校時代の同級生で、ぼくが小学校に入学するときにランドセルなどを買ってくれたと聞かされてきた姉の友人の一人であることが分かった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 19:48
墓参り、住用の写真館「わだつみ館」など奄美での出会い
奄美での2日目は前日の飲み過ぎがたたり、動きが鈍い。 午前中で墓参りに行き、帰りに同じ墓地内の少し離れた場所にある丸田南里の墓をみてきた。 明治40年代に建てられた墓であることや後ろの方をみると明治17年に亡くなったことがようやく読み取れる。 説明板が欲しいと思うところだが、誰もそういうことを考えないのだろうか。 奄美の黒糖の自由売買を求めて奔走した偉大な人物をもう少し丁寧に扱って欲しい気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 11:07
奄美へ
台風一過、晴天に恵まれた中を予定通り休暇を取り、奄美に向かった。 大阪空港経由で奄美に行く飛行機が満席である。 富士山がくっきりと見える。 台風12号・15号の被害が信じられないような天候である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 10:21
圧巻!! 築地俊造ライブ
鹿児島からの1便で妻と娘も伴って東京に来た。 1便にしたのは11日(日)14時からの『築地俊造ライブ』に間に合わせるためだった。 羽田に9時40分に着き、自宅マンションに戻ったのが11時すぐであった。 家に荷物を置き、駅前で家族4人で昼食にスパゲッティを食べ、娘2人はショッピングへ、妻と二人は新大久保の労音会館へと分かれた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/13 09:59
「1955−1957自然と文化 奄美」芳賀日出男作品展を観る
ネットで偶然見つけた作品展だった。 9月3日(土)には本人の講演もあるということであったので忘れないようにと手帳に書き留め、楽しみにしていた。 前夜、同窓生の守野玲子さんから電話があり、何ごとかと思ったらこの講演のお知らせであった。 彼女は、「東京新聞」の案内で知ったとのこと。先日も奄美の紹介があったと話していた。 東京の、まさに「東京」新聞が奄美にことをしばしば取り上げるということに好感をもったところである。 福島原発事故に関してもしっかり伝えているのは東京新聞という評価を聞いている... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/03 18:04
「対馬丸事件」から67年目の日、忘れられた「武州丸事件」のこと
対馬丸事件から67年目の年であることを朝一番のニュースで知った。 この被害者の多くが奄美大島にも流れ着いたという話を聞かされていたので、関心は高かった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/22 05:49
北中学校卒業生と渋谷で・・・
30日(火)の夜は、前日の飲み方がたたって、早目に眠ってしまっていた。 次の日に携帯電話をみると何人もの人から電話があったようだ。 普段はめった鳴らないぼくの携帯なのだが・・・ そのうち2人は徳之島の北中学校の卒業生である。 何事かと思って連絡してみると、北中学校の卒業生が、前夜、新宿に集まって飲み方をしていたというのである。今年の誕生日で20歳を迎える者たちとその1級下の者たちらしい。 人気者で指導力のある叶奈津美さんが鹿児島から遊びに来たので東京在住の卒業生が急遽集合したようだ。ぼ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/31 13:43
新宿「たかぐら」での語らい
名古屋から東京に帰って、一旦、荷物を家に置いて、行くことにした。 しばらくパソコンを開かないと迷惑メールが大量に入っているので、それを処理してから出かけることにした。 案の定大量の迷惑メールが来ていた。 一応、判別しないと迷惑メールでないものまで削除することがあるのでざっと目を通す。 池岡時三郎氏からのメールが混ざっていた。 開いてみると、「忙しい時の飲み方は断る勇気も必要ですよ」という趣旨のことが書かれていた。 これから出かけようとしている飲み方のことである。 ぼくは楽しみにして... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/24 08:15
「奄美に生きる日本古代文化」、遂に刊行される。
今年の1月から作業にかかった本だった。 南方新社の向原社長から遺族の了解が取れたら出すよという快諾を得ていた。 遺族の一人の娘さんはぼくの同級生であったので東京で話をさせていただいた。 遺族の息子さんとも正月、鹿児島に帰った時に話をさせていただいた。 お二人とも喜んでくださったので話は早かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/28 08:44
藤山萬太先生、春の叙勲「瑞宝小綬章」を受章
同窓生の新田幸人氏からメールが届いていた。 大高時代の恩師・藤山萬太先生が春の叙勲で「瑞宝小綬章」を受章するため、東京に来るという。同窓生でお祝いをしたいというのだ。 それに便乗して、自分の妻のお披露目もしたいということであった。 同窓生が10名余出席するという。 その日、25日(土)は鹿児島から妻が来ていて、奥多摩や青梅辺りを散策する予定だったのだが、娘が腰が痛いということもあり、取りやめになったのだった。 妻は、家のことをいろいろしたいということであったので、どこにも出かけないこと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/26 11:08
鹿児島名瀬会総会・懇親会
11時頃、会場の錦江旅館に着いた。 この旅館は北中学校のサッカー部の遠征でよく使った思い出の旅館でもある。 受付はすでに始まっていて、前日に資料を山田隆文さんに届けてもらっていて正解だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 09:42
関東安陵会、そして、成田能祥蓮田市・市会議員当選祝い
11時30分受付、12時開会のつもりで上野・精養軒に向かった。 天気が良く、上野の森は新緑にあふれ気持ちいい空間を作っていた。 「写楽」展の看板が目に付き、これを観たかったんだよなーと思いつつ、今日の日程では無理と諦めた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/05 20:59
徳之島・北中学校、サッカー部顧問時代のこと
ぼくのブログに次のようなコメントが入っていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/03 20:51
青春とは心の若さである〜龍郷町・川畑宏友町長と話して感じたこと
博光の葬儀が終わって翌日、同窓生の久保井博彦(画家)氏に空港まで送ってもらった。 龍郷町役場に立ち寄り、川畑町長に面会を求めたが告別式に行っていて不在だった。 仕方がないので名刺を置いて、「番屋」で海鮮丼を食べることにした。 この店は、昔、龍南中学校時代、組合の龍郷地区協の歓送迎会等でよく使った店だった。懐かしかった。 空港に向かう途中、土浜海岸にすごい奇岩があるのでを観に行こうと誘われ、連れて行ってもらった。 なるほど巨大なすごい奇岩だった。白浜も美しく、遠くに見えた潮干狩り(あおさ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/02 19:58
民俗学者・沖浦和光のこと〜朝日新聞(夕刊)連載「人生の贈り物」
朝日新聞の夕刊で、民俗学者・沖浦和光のことが「人生の贈りもの」で連載されている。5月23日からだ。 ぼくは、彼の本を10年以上も前から熱心に読んできた。多くのことを学び、心から畏敬してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/26 09:09
「南海日日新聞」の切り抜き
東京に来てからシマの新聞である「南海日日新聞」をとっている。 1週間分まとめて送ってもらうことにしてあり、大抵木曜日には届く。 可能な限りその日には目を通し、気になる記事はその場で切り抜くことにしている。 後でやろうとした時は必ず忘れたりするので、思い切ってすぐにすることにしているのだ。 整理するのはまとめてやることにしているのだが、これもこまめにやれば負担にならないのだが、まとまってくると結構億劫になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/22 19:04
いろいろあって、少し怠けた日々
今週は、ちょっと疲れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/21 19:23
奄美フェスティバル2011
楽しみにしていた「奄美フェスティバル2011」を聴きに行ってきた。 5月13日(金)午後7時開演。場所は世田谷三軒茶屋にある「世田谷パブリックシアター」というところである。 出演者は、坪山豊、築地俊造、中村瑞希の3人。この3人が揃って舞台に立つというのは珍しい。 早めに着いたのだが、開場が6時30分からなので近くの書店で時間をつぶした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/15 10:45
同窓生からの電話、フェイスブック・・・
午後から「保険業法と給付事業」のセミナーにおけるアンケートの集約結果の説明にベネフィットワンと明治安田生命が来られた。 要領よくアンケートをまとめていて、なるほどと頷くことが多かった。 課題も見えてきたように思う。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/10 21:58
徳之島の青年の死
徳之島と鹿児島経由から連絡が入ったのが20日(日)、着信があって連絡をとろうとしていたのが19日(土)である。そして、21日が東京での葬式である。午後3時からと聞いていたので少し早めに行ったのだが、警察の検死の関係で遅れるということであった。3時頃になると親戚やら彼の友だちらしき若者たちが大勢集まってきた。 みんな徳之島の子たちなのだろうかと思った。 3時過ぎにご両親がやってきた。挨拶をし、事情を説明してくれた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/23 06:34
「奄美に生きる日本古代文化」の校正を終えて[
「奄美に生きる日本古代文化」の復刻版を出す計画を立て、その作業が進められている。 南方新社の向原社長が快く引き受けていただいて、実現に向かっているところだ。過去に刀江書店とぺりかん社から出版され、現在では絶版となっている。古本屋で見かけることもなく、見つけたとしても1万円以上する貴重本である。 内容は多くの人に読んで欲しい素晴らしい本なのに手に入らないのはよくないと考え、社長に相談したのだった。 刀江書店版を写真に撮って、誤字等があれば訂正するとうことで校正の作業を引き受けた。誤字等の訂正... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/19 07:46
東京散策・きょら島コンサート〜3連休を過ごすB
3連休の最後の日の13日は、忙しい一日だった。 東京散策は妻が兄夫婦と「お茶する」約束ができたので一人で参加することになった。 新橋駅に集合。ゆりかもめに乗って、科学館で見学。ヒトゲノムの話を学芸員の若い美しい女性が丁寧に説明してくれた。おかげで遺伝子情報にかなりの興味を持った。きちんと本を読んでみようと思った。 その後、コンビニ昼食の弁当を買って食べ、船の博物館を見学し、ぼくはそこで散策を中断して帰ることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/16 22:11
南方新社、「奄美民謡総覧」を刊行
暮れに南方新社の忘年会に呼ばれて行ったときに、この本がもうすぐ刊行されそうであることを聞いていた。 楽しみにしているところに、南方新社から刊行されるという案内がきた。 是非、購入したいと思い、早速注文した。 予約で6300円は高いと思ったのだが、小川学夫さんが関わっているとすればこれ以上のものはあるまいと考えた。 この本が出るのであれば、昨年出た片倉輝男さんのもの(「奄美民謡島歌集」)はさほど欲しくはなかったのに・・・と後悔してみたり。 それと「セントラル楽器」というのも気になる。もっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/16 11:52
児玉邸での正月、そして、南方新社との打ち合わせ
日記代わりにプログを設けることにしたのだった。だから可能な限り、毎日、簡単でもいいからその日のことを記すつもりでいた。 日記代わりといってもブログは人の目に触れる可能性があるということで、どうしてもそのことを意識せざるをえない。だから書いたらまずいなという出来事は躊躇してしまい、そのうち書くのをやめるということも一度ならずあった。これでは日記代わりではないなと思いながら、若干、ブログという情報伝達手段に戸惑いを覚え始めてもいる。 自分としては日記代わりという立場は保ちながら工夫していくという... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 12:39
南方新社、忘年会(12月27日)
メールで南方新社の忘年会に誘われ、この日に東京から帰る予定であったため、タイミングもよく出席することにした。 鹿児島に着いて、荷物を置き、すぐに南方新社に向かった。自宅から歩いて15分ほどの距離である。 例によって向原社長が料理(なべ)の準備をしていた。 山中六さんも「久しぶり」と笑顔で迎えてくれた。 準備ができるまでゆっくりしていてといわれたので事務所で待つことにした。 そこには専修大学での研究会で一緒だった、斎藤憲さん(大阪府立大学 人間社会学部社会学科 準教授・理学博士)もいた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/29 13:29
萩原かおりLIVE クラシック味歌曲風味「かおり`sフェスタ Vol 6」
祖父母が奄美の龍郷町出身という「萩原かおり」のLIVEがあった。当初、日程を26日に日曜日と勘違いしていて、手帳を確認してあわてた。 日時は12月23日午後2時開演、場所は神楽坂の音楽の友ホールであった。 切符を買ってなかったので早めに出ようと思い、12時に家を出て、九段下で下車して歩いた。少し、道に迷い25分くらいかかってしまった。雰囲気のいい神楽坂の商店街を眺めながら「音楽の友社」を探した。坂を登り切る手前にその場所はあった。「音楽の友」という雑誌はクラシック音楽を趣味、専門とする人たち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/25 23:24
「おっかん」と呼んだ声でシマの心が広がった
明治安田生命の小山さんは30数年来の付き合いである。30数年前、安田生命時代のグループ保険を学校生協が取り扱いを始めた時、一緒に島々を巡りまわったことがある。 東京に来て、出入りする明治安田生命の担当者から、小山さんが東京にいるという話を聞き(もっとも彼はぼくが東京に来ているという情報は得ていた様である)、飲もうという話になった。 12月20日しか日程が取れず、月曜日というのに、飲み方になった。 四谷で飲むことになり、半蔵門で降りてとぼとぼと歩いて行った。 駅近くまで来て、見たような光景... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/21 17:02
土濱笑店B〜北中学校卒業生との飲み方
土濱笑店で北中学校卒業生・濱大志くんとの飲み方を約束し、彼はこの店は初めてなので井の頭線の神泉駅で待ち合わせることにした。 ぼくは、渋谷駅で降りて店に向かうことにした。地下からハチ公前の交差点に向かったところ街宣車のものすごい音量のアジ演説が聞こえた。大量の日の丸が林立していて、異様な光景に一瞬「立ちすくんでしまった。 尖閣諸島沖の事件を取り上げ、民主党政権と菅内閣打倒を叫んでいるようであった。あまりの大音量で話の内容は逆に聞き取れなかった。洪水のように若者が流れ出すハチ公前交差点、この手の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/19 13:58
大高3年7組の飲み方
11日(土)、12日(日)、大阪から同窓生の福義之が来るというので2日間付き合った。 11日は品川で待ち合わせをして新橋に飲みに行った。 8組の川上厚憲も来てくれて3人になった。 新橋の居酒屋のキャッチガールにつかまり、その居酒屋では時間延長までして2時間半飲んだ。 その後、新橋の沖縄居酒屋「なんくるないさー」に行き、泡盛をキープしてきた。いかにも沖縄らしい亭主だった。 さらに五反田のラーメン屋で仕事をしているという福の息子さんの店に行く。ひと月くらいしたらロンドンに帰るということらし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/13 12:53
第4回東京散策を楽しむ会・大高41会関東同窓会忘年会
12月4日(土)、午前9時50分有楽町駅に集合し、東京散策を始めた。参加者は18名(大人15人、子ども3人)。多い。今回は「築地周辺と浜離宮」の散策である。 @銀座を抜け、建て替え中の歌舞伎座の側で立ち止る。結構多くの見物客がいた。 A築地本願寺・・・古代インド様式の大伽藍に圧倒された。寺院の庭では出店があり、ほとんどインド人らしき人種が経営していた。インドと深い交流があることをうかがい知ることができた。この寺院では様々な動物の彫刻が目についた。丁寧に見たかったが時間がなかった。ゆっくり来た... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/12/05 22:21
「奄美諸島の近現代史を考える」・・・専修大学での研究会
11月28日(日)、専修大学神田校舎の本館(1号館)5階「ゼミ56」室での午後1時から5時まで長丁場の研究会に出席した。 テキストになったのは、森宣雄著『地のなかの革命』という本である。 こういう本が出ていることも知らなかったぼくは、出席するという返事をした直後からメールで様々な資料やらレジュメやら送られてきた戸惑ってしまった。それらをみて、内容の水準が高いのと交わされる言語がぼくには難しく感じられたので出席するといいながら気遅れを感じつつあった。 しかし、前利潔さんがわざわざシマから来る... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/11/29 12:27
奄美でのいろいろなこと
気になっていたシマに行って来た。 1 ホテルビックマリン ・全教互の指定旅館のお願いでホテルビックマリンの向井俊夫社長に会った。ぼく自身,面識はあったのだが、改めてお会いすると元気がある(=勢いのある)人物だと思った。精力的に事業展開していると感じられた。 全教互の指定旅館については快く引き受けていただいた。ぼく個人としても全教互の研修会等で奄美のことを語っても奄美の指定旅館が一つもないという現実は寂しいと感じていただけに嬉しい事である。 経費のことについては宣伝になるという感覚をもって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/16 20:15
『保険業法再改正案』参議院を通過、そして、全教互だよりのこと
「保険業法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律案」(第百七十四回国会内閣提出、第百七十六回国会衆議院送付)が、本日(11月12日)午前10時から開会された参議院本会議において全会一致で可決成立した。 今後は、相互扶助として実施している給付に関わる事業が、可能な限り現状通り実施できるような主務省令の制定に向けた取り組みを強化していかなければならない。 また、「貸金業法」適用除外に向けた取り組みも引き続く。 きついのだが頑張らなければいけないと自分を追い込む。 一方、私たちの当たり前の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/12 15:38
「奄美に生きる古代文化」(金久正著)のこと
神戸の全国同窓会に沖縄から出席していた中島聖仁氏が、驚いたように、「同級生の金久充子さんは、『奄美に生きる古代文化』を書いた金久正の娘さんなんだって」と聞くので、「そうだよ、どうしたの」と聞き返した。 「たまたま自分の近くに座っていたので聞いてみたらそうだというから」と答えたのだった。 しかし、大島高校の同窓生93名の出席者のうち、この『奄美に生きる古代文化』という本を読んだ人というのは、そんなにいないのだと思う。娘さんを入れて3人だけかもしれない。 この本は名著といわれていながらなかなか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/11 22:10
第7回大高41会全国同窓会in関西
11月6日(土)、シーサイドホテル舞子ビラで、大島高校昭和41年3月卒業の全国同窓会が開かれた。 この全国同窓会は40歳の年に第1回が開かれてから7回目を数えることになった。 5年に1回のペースで開かれていたこの会が、いつの間にか5年間の中間年にも開催するということになり、最近は2〜3年に1回開かれている。 中間年の今年は関西で開催することになり、関西の仲間に大変お世話になった。 月1回のペースで集まって企画準備をしていただいたことに心から感謝である。 関西実行委員会の仲間のきめ細かな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/09 22:07
奄美を語る〜日教組・教文の原さんとの語らい
日教組の教育文化部・人権部長の原さんと奄美のことで語る機会を得た。 この機会を作ってくれたのは、今年の4月から日教組の中央執行委員になった鹿児島県教組の濱田真由美さんである。 ぼくがこれまで講演の機会を与えられたときに作成した資料をもとに説明させていただいた。 奄美の言葉、女性を中心とする奄美の社会と独特の文化、島津藩に侵略された1609年以降の被差別の歴史、そして、昨年の島津藩による奄美・琉球侵略400年をめぐる様々な出来事について。そして、奄美に対する差別意識が当時の支配・被支配の記憶... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 09:28
奄美の豪雨A、悲しい知らせ
奄美の豪雨の状況がだんだん明らかになってきた。 つながらなかった電話が復旧し、ようやく情報が伝わってきた。 テレビでは住用のことばかりが取り上げられているが他の地域も大変だったらしい。 龍郷町の戸口でもほとんどの家が被害に遭ったとのこと。最も犠牲者が一人出ているのだから相当な被害に遭ったことは予想できるのだが・・・ 大和村も川が氾濫し道路が寸断されたようだ。 どうもマスコミは全体を広く伝えようとしないで、特定の地域だけをを集中的に報道するので全体が見えない。 今回もそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/27 08:10
奄美の豪雨
信じられないような豪雨の報道にうなだれた。 1日の内に3月分の雨が降ったとか、降り始めて600ミリとか800ミリとかの記録の報道に接すると、いくら雨の多い地域とはいえただ驚くばかりだ。 鹿児島の8・6水害も大きな被害をもたらした。あの恐怖が蘇るようだ。 住用の学校では子どもたちが取り残されたり、老人が亡くなったり、龍郷では行方不明者が出ているとか。 ぼくの友人もがけ崩れで車が被害に遭った。この友人は鹿児島から奄美に転勤になった時、ぼくがそのマンションを紹介しただけに申し訳ない気分である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/21 18:01
第112回東京奄美会総会・芸能祭
東京奄美会総会・芸能祭があるというので出かけて行った。東京龍郷町郷友会に出席した時にこの芸能祭のチケットは3000円で購入していたので、楽しみにもしていた。武下和平や馴染みの牧岡奈美も出演するとなれば行かないわけにはいかないと思っていた。 日時:2010年10月17日(日)総会11時30分 芸能祭13:30分 場所:九段会館 総会にはほとんど興味がないので芸能祭に間に合うように行った。着いた時、丁度総会が終わるときだった。タイミングはピッタリだった。しかし、席を探すがない。1階席はくまなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 16:40
土濱笑店3
同窓生で東洋大学教授のU氏から、同窓生の窪島将公氏が東京に来るので一緒に飲もうと誘われた。 それが昨夜だった。 窪島氏が笠利町で長い期間、特に退職まで、笠利小学校・節田小学校に勤務したので、土濱笑店に行くことにした。土濱笑店には二人は初めてである。ぼくはこれで1週間おきに行っていることになる。 神泉駅で6時に待ち合わせをして、向かった。夕暮れ時の渋谷から少し離れたこの界隈は雰囲気がとてもいい。 あのスクランブル交差点の異常な人の多さがウソのような渋谷である。 昔ながらの雰囲気を残した店... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/13 15:17
土濱笑店2
鹿児島県教職員互助組合常務理事・迫田さんが東京に来ているという事で渋谷のハチ公前で待ち合わせをして、土濱笑店に歩いて行った。 6時前には着いたのだが、誰もいないと思っていた店内には若者の集団がすでに飲んでいた。 漏れ聞こえる話の中に懐かしいシマユムタの響きに混じり、ダイコウ、ナセ、カサリの単語が・・・ 迫田さんと互助会の行方の知れない会話をひとしきりした頃、奥の方に席を移した若者の集団が三味線を持ちだし、シマウタを歌いだした。 「朝花」、うまい!驚いた。リクエストして「よいすら節」も歌っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 10:04
2009年問題のこと
島津藩による琉球・奄美侵略400年・奄美の未来を考える会 ブログを始めようとした2009年の昨年、次のような決意であったのですが、ブログはこの1回きりで頓挫してしまいました。反省を込めて再録しました。今度こそ・・・!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 20:23
思い出すシマの風景
・今日の雨は雷が凄く、東京でこんなに激しく雨が降ったのは東京に来て以来初めてだ。気温も相当下がって肌寒い。一日でこれほど気温の変化があると老体にはついて行けない。  朝、8時過ぎに散歩に出たのだが、30分もしないうちに雨が降り出し、やむなく散歩を諦め、戻った。  家でぼんやりしながら、昨日のことなどを頭の中で整理をした。  昨日は、秋葉原の会計事務所で公益法人移行に関わることについて助言を受け、事務所に寄らずに帰った。ふと思いつき、新橋経由で帰ることにした。TVで出ていた奄美・瀬戸内町出身... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 19:59
土濱笑店
17日(金)、前から約束していた龍郷町大勝出身の山田信廣さんと渋谷の「土濱笑店」に行った。 奄美のシマ料理が出る店である。 この日は鹿教組の下馬場書記長と吉元会計部長も東京に来るということだったので渋谷のハチ公前で待ち合わせをして一緒に出かけた。 店ではシマ料理をいろいろと頼み、鹿児島出身の二人もおいしそうに食べていた。 もっとも下馬場さんは血の半分は奄美とのこと。 いつもの通り話題は政治のこと。 官政権誕生の批判をすることになった。 4人で5合瓶2本空けてしまった。凄い! ちな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 09:22
ぼんやり・・・
これからの予定を考えてみた。 関東ブロック協議会・・・10月1日 北海道・東北ブロック職員研修会・・・10月14日・15日 役員研修会・・・10月28日・29日 行事が目白押しだ。 全教互を取り巻く情勢にあまり変化がないので話すことも新しいことは何もない。 政治が動かないことには何事も進展しない。 全教互の歴史の中でこんなに政治に直結することがあったのだろうかと、嘆息がでる。 国会情勢を見据えながら、また、国会議員の方たちと連携を蜜にして、当面の課題を解決していかなければならない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 16:55

トップへ | みんなの「奄美のこと」ブログ

http://picasaweb.google.com/home
奄美老小猫の喜・怒・哀・楽! 奄美のことのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる